« 公益法人の認定取り消し | トップページ | 相撲協会理事長選ニュースで、時事が小林慶彦元顧問派の貴乃花と、不明瞭会計是正の八角の対立、と記載(羽黒蛇) ニュースまとめてコメントしました。 »

2016年3月27日 (日)

罪の重い順、一番:北の湖元理事長、二番:宗像外部理事、三番:小林慶彦元顧問(羽黒蛇)

罪の重い順、一番:北の湖元理事長、二番:宗像外部理事、三番:小林慶彦元顧問(羽黒蛇)

 

相撲協会を悪化させた犯人三人を罪の重い順にならべた。

一番罪が軽いのは、小林慶彦元顧問。金のある相撲協会をだまして懐に入れた。言ってみれば単なるコソ泥である。

一番罪が重いのは、泥棒を雇った、そして雇い続けた北の湖理事長。

 

危機管理委員長である外部理事の宗像紀夫は、小林より罪が重い。

小林は単なるコソ泥。宗像は悪事を取り締まる役職でありながら、小林を見逃した。小林と結託して悪事を行っていたと疑える。

310日付の週刊新潮で、宗像は八角理事長を非難しているが、読んだ感想は、「貴乃花を理事長にして、自分は外部理事として留任し、小林慶彦を再雇用し、今の役得を続ける」ために、インタビューに応じた。

 

(これが実現すると、相撲協会は公益法人取り消しのリスクが高まる。)

 

宗像紀夫は、安倍内閣の内閣官房参与である。(資料を文末に)

安倍内閣の参与が、相撲協会を破滅させる行動ととるとは、権威に弱い私たちにはなかなか想像できなかった。

羽黒蛇ブログの読者から、「何故、小林顧問の悪事を取り締まれないのか。宗像のような立派な人物が危機管理を担当しているのに。」という疑問の声が届いていた。内閣の参与は、相撲協会の利益のために働いてくれるはず、悪いことを取り締まってくれるはず、という思い込みがあった。

なんのことはなく、宗像は小林より悪人だったと思われる。(報道からの推察)

 

相撲協会には財産がある。

財産は狙われる。

財産を食い物にした小林慶彦は、無事126日に解雇された。

これから第二第三の小林慶彦が財産を狙ってくるであろう。

財産を守ってもらうために雇用した外部理事(宗像)が悪(小林)と結託された、警察(宗像)が泥棒(小林)とグルになったようなもとと推察。

だまされて金を奪われたことを教訓にして、文化としての相撲を守ってほしい。

 

羽黒蛇

 

――

Wikipediaを引用

内閣官房参与(ないかくかんぼうさんよ、英訳Special Adviser to the Cabinet[1])は、日本内閣官房役職の一つ。内閣総理大臣(首相)の“相談役”的な立場の非常勤国家公務員である。

内閣が対応すべき各種分野において優れた専門的識見を有する人材を首相が直接任命し、任じられた当人は首相に対して直接意見を言い、また情報提供や助言を行う。いわゆる“ブレーン”、“側近”的存在。人数制限はなく、通常は複数人いる。職務に対しては守秘義務が課される。全員に、所属する内閣府総理大臣官邸で一つずつ執務室が与えられる[2]。また内閣参与の上に定員1名の内閣特別顧問が存在する。

2次安倍内閣では以下の14人が任命されている[3][4][5][6][7][8][9]

« 公益法人の認定取り消し | トップページ | 相撲協会理事長選ニュースで、時事が小林慶彦元顧問派の貴乃花と、不明瞭会計是正の八角の対立、と記載(羽黒蛇) ニュースまとめてコメントしました。 »

相撲公益法人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550997/63401801

この記事へのトラックバック一覧です: 罪の重い順、一番:北の湖元理事長、二番:宗像外部理事、三番:小林慶彦元顧問(羽黒蛇):

« 公益法人の認定取り消し | トップページ | 相撲協会理事長選ニュースで、時事が小林慶彦元顧問派の貴乃花と、不明瞭会計是正の八角の対立、と記載(羽黒蛇) ニュースまとめてコメントしました。 »

最近のトラックバック

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

無料ブログはココログ