« 14日目、稀勢の里の立合いの当たりに、白鵬土俵下まで飛ばされる(羽黒蛇) | トップページ | 1月29日,1月30日理事選、新聞報道、資料としてまとめ、 »

2016年1月27日 (水)

shin2さんのコメント

 

日刊ゲンダイは、「安倍首相と白鵬大嫌い新聞」として認識していたが、ここまで詳細に記事を書いていることに正直驚いている。

 

NHKの地上波のメイン解説十三日目は貴乃花親方と、NHKのサイトに場所前には明記されていた。

ところが場所中に(おそらく中日ぐらい)急に尾車親方に変更となった。

尾車親方は「八角派」の中心人物であり、八角親方が理事長に就任後、ナンバー2の事業部長に指名された。北の湖理事長時代、ナンバー3だった貴乃花親方を序列で抜いたことになる。

八角理事長の「人事異動」は、理事選前から始まっている。「反八角派」=「パチンコ派」はどのような反撃に出るのか。

十四日目琴奨菊が栃煌山に勝った時点で、白鵬は一敗で優勝決定戦の可能性もあった。

ただ「十年ぶりの日本人優勝が懸かった大関vs35回優勝のモンゴル人横綱」となれば、白鵬にとっては最悪のアウェイ状態だ。

十四日目の稀勢の里戦、白鵬は立ち合い一歩も踏み込んでいない。勝手な妄想だが、白鵬は優勝を放棄してしまったのではないか。

 

白鵬、千秋楽の日馬富士戦もヒドい内容だった。巡業の取組のほうが気合いが入ってるくらいだった。

 

白鵬が貴乃花親方が心酔する宗教団体の豆まきに参加する。

 

>>http://www.ryujinsogusha.or.jp/%E5%B9%B3%E6%88%90%EF%BC%92%EF%BC%98%E5%B9%B4%E7%AF%80%E5%88%86%E7%A5%AD%E3%81%8A%E5%BE%97%E6%83%85%E5%A0%B1/

どうやら「貴乃花親方→理事長昇格→白鵬、モンゴル国籍のまま一代年寄に」という計画のようだが、今度の理事選、どんな結果が出るか。

 

 

« 14日目、稀勢の里の立合いの当たりに、白鵬土俵下まで飛ばされる(羽黒蛇) | トップページ | 1月29日,1月30日理事選、新聞報道、資料としてまとめ、 »

相撲評論・現在の大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550997/63130651

この記事へのトラックバック一覧です: shin2さんのコメント:

« 14日目、稀勢の里の立合いの当たりに、白鵬土俵下まで飛ばされる(羽黒蛇) | トップページ | 1月29日,1月30日理事選、新聞報道、資料としてまとめ、 »

最近のトラックバック

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

無料ブログはココログ