« 北の湖は相撲協会史上最低の理事長(羽黒蛇) | トップページ | shin2さんのコメント »

2016年1月23日 (土)

14日目、稀勢の里の立合いの当たりに、白鵬土俵下まで飛ばされる(羽黒蛇)

14日目、稀勢の里の立合いの当たりに、白鵬土俵下まで飛ばされる(羽黒蛇)

 

歴史的な一番を見た気持ち。国技館で観戦。

白鵬が立合いの当たりで負ける相撲は日馬富士以外は記憶にないが、稀勢の里の当たりに土俵下まで飛ばされただけでなく、尻もちをついた感じ。

大鵬は押し相撲に取りこぼしがあり、柏戸の立合いからの一気の攻めに負けていた。映像で繰り返し映るのが、45連勝始まる前に栃東に負けた相撲、戸田に負けた相撲。白鵬はこういう負け方がほとんどなかった。

北の湖は、魁傑の突っ張りに負けた優勝決定戦、朝潮に何回か負けた相撲、尻もちをついた感じ。白鵬はこういう負け方がほとんどなかった。

負け方の印象で、白鵬は、大鵬よりも、北の湖よりも、強い横綱と感じていたが、それを稀勢の里が打ち砕いた。

 

白鵬が琴奨菊に安易な張り手で先手をとれず一方的に負けたのが11日目。12日目豪栄道、13日目鶴竜の二番も立合いは悪かった。今日の稀勢の里との一番も悪かった。鋭さがない。

 

白鵬は大鵬の優勝記録を更新してから目標を失い、相撲に勝つという執念が足りないという批判をする相撲ファンは多い。

一方、勝つ執念を見せると、横綱は張り手をすべきでないとか、横綱はかち上げをすべきでないとか、横綱は立合いで駆け引きをすべきでないと、批判される。

白鵬が立合い踏み込めず稀勢の里に吹っ飛ばされると、やる気がないと批判される。

白鵬はどんな立合いをしても批判されるのである。

 

日馬富士の必殺技は、左変化で上手をとりにいくスピード相撲。この立合いで負けたことを私は一度しか見たことがない。しかし、必殺技であるが故に頻繁には見せない。

白鵬の勝つ執念の立合いも同じで、頻繁には見せない。琴奨菊との優勝決定戦なら見せる可能性は高い。今日の稀勢の里戦は、そこまでではなかったと解釈できる。

 

勝利へ執念深い立合いを封印した白鵬が稀勢の里に立ち向い、対する稀勢の里がいい相撲をとると、大差で稀勢の里が勝てる。

 

私は大相撲は江戸時代に帰る方がよいと思う。

谷風も雷電も優勝回数をかぞえて相撲をとっていなかった。江戸時代には優勝制度がなかった。雷電は谷風の優勝回数を超えたか超えないか分からなかったから、超えたとして、超える前と同じ気持ちで相撲をとった。自分の相撲をお客に見せることだけを考えて。

白鵬も江戸時代なら、大鵬の優勝回数を超えたことを知ることもなく、達成感もない代わりに、記録を超えてやる気を失うこともなかった。

記録は相撲を楽しむ大きな要因ではあるが、記録があるから、つまらない相撲が増えることを知る。

 

もし今場所豊ノ島が優勝すると、12日間弱い対戦相手、3日間は白鵬・琴奨菊と同等の対戦相手。

バラエティ系のクイズ番組では、一番最後のクイズで大きな点数が与えられ、一問だけ正解した回答者が1勝(残り全敗)で勝つというルール(お約束ごと)がある。この手の番組を見る人は、クイズ競技としてではなく、遊びとして見ている。

同様に、大相撲の幕内優勝は、一番価値ある勝者(吉葉山・稀勢の里)ではなく、幕内下位(時津山・旭天鵬)を優勝の資格を与える。バラエティクイズのように勝ち星の遊びをしているだけ。

 

先場所の白鵬は14日目に照ノ富士にわざと負けた、とこのブログに書いた。

陰謀史観の立場で相撲を見ると、先場所の白鵬は、日馬富士に優勝を譲り、全力を出さなかった。

11日目白鵬が負けたのを見て、「琴奨菊の大事な場所で、白鵬は琴奨菊に負ける(羽黒蛇)

琴奨菊が大関を目指す場所で白鵬に勝った時に、白鵬は相撲協会全体の盛り上がりを考えて手を抜いたと感じたことを、100敗同士の横綱大関の注目の対戦の前に思い出した。走馬灯のように。」とツイートした。

今日の相撲観戦の後、相撲ファン5人と会食したが、「ちまたでは、白鵬が空気を読んで全力を出さない、と言われている」

 

私は白鵬は、精神力・気持ちを論じるより、単に相撲が弱くなったのだと思う。

それを証明したのが、稀勢の里に圧倒された今日の一番。

 

明日白鵬が優勝しても、殊勲賞は、琴奨菊に勝った豊ノ島。大関一人を倒して殊勲賞。大関に勝った関脇以下の力士に殊勲賞を受賞させるべき。

 

明日琴奨菊が優勝すると栃東以来の日本人の優勝。外国人が優勝し続けると相撲人気は衰えるのか、外国人が優勝し続けても相撲人気は衰えないのか、という点に興味津々だったので、残念である。

 

羽黒蛇

« 北の湖は相撲協会史上最低の理事長(羽黒蛇) | トップページ | shin2さんのコメント »

相撲評論・現在の大相撲」カテゴリの記事

コメント

千秋楽の琴奨菊の対戦相手の大関豪栄道は、すでに十二日目に負け越しが決定しており、十三日目以降は「消化試合」で、勝ったところで来場所のカド番は変わらない。
なぜ優勝が懸かった琴奨菊に対戦させるのか、理解できない。「三役揃い踏み」だから当然大関同士の対戦ということなのか。むしろワリ崩しして、平幕で好調の隠岐の海か高安を当てるべきではなかったか。

十四日目琴奨菊が栃煌山に勝った時点で、白鵬は一敗で優勝決定戦の可能性もあった。
ただ「十年ぶりの日本人優勝が懸かった大関vs35回優勝のモンゴル人横綱」となれば、白鵬にとっては最悪のアウェイ状態だ。
十四日目の稀勢の里戦、白鵬は立ち合い一歩も踏み込んでいない。勝手な妄想だが、白鵬は優勝を放棄してしまったのではないか。
白鵬、千秋楽の日馬富士戦もヒドい内容だった。巡業の取組のほうが気合いが入ってるくらいだった。

白鵬が貴乃花親方が心酔する宗教団体の豆まきに参加する。
>>http://www.ryujinsogusha.or.jp/%E5%B9%B3%E6%88%90%EF%BC%92%EF%BC%98%E5%B9%B4%E7%AF%80%E5%88%86%E7%A5%AD%E3%81%8A%E5%BE%97%E6%83%85%E5%A0%B1/

どうやら「貴乃花親方→理事長昇格→白鵬、モンゴル国籍のまま一代年寄に」という計画のようだが、今度の理事選、どんな結果が出るか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550997/63110453

この記事へのトラックバック一覧です: 14日目、稀勢の里の立合いの当たりに、白鵬土俵下まで飛ばされる(羽黒蛇):

« 北の湖は相撲協会史上最低の理事長(羽黒蛇) | トップページ | shin2さんのコメント »

最近のトラックバック

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

無料ブログはココログ