« 不戦勝は割りを戻す(羽黒蛇) | トップページ | 白鵬はいつ引退する?年寄になれるのか?(羽黒蛇) »

2015年11月21日 (土)

陰謀史観で14日目を邪推する(羽黒蛇)

陰謀史観で14日目を邪推する(羽黒蛇)

 

あらかじめ書くと羽黒蛇は陰謀史観ではないが、力の衰えた日馬富士はもう優勝できないと思っていたので、「白鵬が日馬富士に優勝を譲った」と言われると、反論はできない。 それ以上に、13日目鶴竜、14日目白鵬の立合いを見て、二人が照ノ富士勝ちを譲ったと言われると反論できない。

 

陰謀史観にもいろいろあるが、「モンゴル力士同士がモンゴル語で、親方、新聞記者に察知されずに、シナリオの打合せをしている」

そんなことはないと思いたいが、もし千秋楽、稀勢の里が日馬富士に勝ち、鶴竜が日馬富士に勝つと、(日馬富士13勝、白鵬12勝)相撲ファンとして反論は難しい。

 

協会幹部も同様の疑いを持っているのではないか。私がそう感じたのは下位で勝ち進む松鳳山の相手、もっと強い上位力士と当てられるにもかかわらず、魁聖7、旭秀鵬7、逸ノ城1、豊ノ島3、安美錦3。(数字は前頭何枚目かを示す)上位力士と対戦させていない。

 

千秋楽のこれより三役、琴奨菊休場、照ノ富士・琴奨菊戦がなくなり、

照ノ富士には、松鳳山(西前10122敗)と羽黒蛇は思いこんでいが、発表は、

照ノ富士には、琴勇輝(東前6、86敗)

これは相撲協会が、日馬富士に優勝させたくない、松鳳山に優勝のチャンス与えるというメッセージではないか。

 

仮に、このまま、日馬富士が優勝しても、「相撲協会は知っているぞ」、というメッセージは残る。

 

14日目のNHKテレビ解説の九重は、何があっても照ノ富士は白鵬に勝てない、と発言していた。

 

羽黒蛇

 

千秋楽に白鵬と日馬富士が休場すると、松鳳山が安美錦に勝つと、

白鵬123敗、日馬富士132敗、松鳳山132敗、現行ルールでは決定戦不戦勝で松鳳山優勝。

 

幕内優勝 日馬富士

幕内最多勝 松鳳山とすべき

 

幕内下位が最多勝の場合、優勝ではなく、最多勝という表彰がふさわしい。

 

NHKテレビで、平成2年九州場所の千代の富士旭富士の一番。千代の富士が31回目の優勝を決めた一番。14日目結びの一番。27代木村庄之助。

 

両力士が立ってから、土俵の外に出る庄之助。現在の行司でこのスタイルは木村玉治郎。

27代庄之助は四代目玉治郎、現役玉治郎は六代目。

 

羽黒蛇

« 不戦勝は割りを戻す(羽黒蛇) | トップページ | 白鵬はいつ引退する?年寄になれるのか?(羽黒蛇) »

相撲八百長問題」カテゴリの記事

コメント

陰謀史観、というほど大層なものではないが、

>>「理事長の手から一代年寄をもらいたかった」とも述べた。だが、親方になれる条件は「日本国籍を有する者」で、現状ではモンゴル人の白鵬は年寄にはなれない。白鵬は複雑な表情で「国籍の問題は、本人の問題。一代年寄というものを北の湖大横綱から頂けたら、と思ってましたけど…」と語った。

http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1569112.html

白鵬と故北の湖理事長の間で、「モンゴル国籍のままで、一代年寄襲名を認める」という密約(口約束程度のものだろうが)があったのではないか。
でも、理事長の急死で、その可能性は消滅してしまった。
十四日目、千秋楽の白鵬の「心、土俵にあらず」というべき、気の抜けた相撲が、そのことを証明している、という邪推です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/550997/62724056

この記事へのトラックバック一覧です: 陰謀史観で14日目を邪推する(羽黒蛇):

« 不戦勝は割りを戻す(羽黒蛇) | トップページ | 白鵬はいつ引退する?年寄になれるのか?(羽黒蛇) »

最近のトラックバック

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

無料ブログはココログ