2016年9月14日 (水)

羽黒蛇ブログ 引っ越します。

niftyのブログサービスが終了してしまうので、

http://blog.goo.ne.jp/hagurohebi

に羽黒蛇ブログを引っ越しします。

羽黒蛇

2016年3月29日 (火)

相撲協会理事長選ニュースで、時事が小林慶彦元顧問派の貴乃花と、不明瞭会計是正の八角の対立、と記載(羽黒蛇) ニュースまとめてコメントしました。

相撲協会理事長選ニュースで、時事が小林慶彦元顧問派の貴乃花と、不明瞭会計是正の八角の対立、と記載(羽黒蛇) ニュースまとめてコメントしました。

時事が明確に「国技館改修などで不明朗な振る舞いがあったとされる元顧問の扱いをめぐって紛糾した。北の湖前理事長の右腕として実務に関わっていた元顧問を重くみる貴乃花理事と八角理事長の意見が対立。」と書いている。羽黒蛇

時事ニュース
 在職中に急逝した北の湖理事長の後を受け、約3カ月の暫定で発足した八角体制が、改選理事による互選を経て本格的にスタートした。
 相撲協会関係者によると、今回の理事長改選では、国技館改修などで不明朗な振る舞いがあったとされる元顧問の扱いをめぐって紛糾した。北の湖前理事長の右腕として実務に関わっていた元顧問を重くみる貴乃花理事と八角理事長の意見が対立。ある外部理事が週刊誌上で八角理事長を批判したこともあった。
 しかし28日の新理事会では、無駄な出費を抑え、透明性の高い運営を目指す八角理事長への支持が大半を占めた。
 相次ぐ不祥事で人気が低迷した角界は、若手力士の活躍もあって昨年は年間90日のうち86日で「大入り」。その盛況は今年に入っても続いている。身内の権力争いが長引けば、せっかくの好循環に水を差すことになりかねない。
 圧倒的な存在感とカリスマ性を備えた北の湖前理事長は、トップダウン方式で指導力を発揮した。タイプの異なる八角理事長は、まずは協会内の連携を深め、今回の混乱を収束させることが急務となる。
 「私一人ではできない。協会一丸となって盛り上げていければ」と八角理事長が話せば、貴乃花理事は「屋台骨を支えていく。与えられた役割をまっとうするだけ」。土俵の充実は、幹部らの手腕に懸かっている。 (2016/03/28-19:40)

毎日新聞
八角理事長を支持した春日野親方(元関脇・栃乃和歌)は「目に見えることしか信用できない」と語った。

羽黒蛇!毎日新聞には、
「一方で、貴乃花理事は考えがほかの理事には見えにくかった。改革派と言われ、若手や中堅の親方の中には待望論があるものの、貴乃花理事本人から改革への私案が明かされることはなかった。」
と書いてあるが、小林慶彦と結託する、と明らかにされていた。政策不明瞭、方針明瞭。

毎日新聞
協会の会合で貴乃花理事の言動が過激だったことも、不興を買ったようだ。

サンスポ
 日本相撲協会は28日、東京都墨田区の両国国技館で理事会を開き、出羽海一門は山響親方(元幕内巌雄)を除く3人の親方が八角理事長を支持した。春日野親方(元関脇栃乃和歌)は「協会は少しずつ黒字が出ており、勝負する時ではない。現実路線を支えたい」と説明した。

サンスポ
日本相撲協会、15年度は2年ぶり黒字 チケット売り上げ約6億7000万円増
 日本相撲協会は28日、東京・両国国技館で評議員会を開いて2015年度の決算を承認し、経常収益から経常費用を差し引いた額は約2億4600万円のプラスだった。人気回復でチケットの販売が大幅に増え、2年ぶりの黒字となった。
 昨年は本場所開催90日間で86日間の大入りを記録。チケットの売り上げは約6億7000万円増加した。巡業日数も多くなったことで、興行契約金が約2億円増えた。両国国技館の土地、建物を含めた協会の正味財産は前年より2億円増の365億円。春場所は全日札止めで人気は堅調。八角理事長(元横綱北勝海)は「ありがたい。これからも熱戦を見せ、土俵の充実に努める」と話した。

日刊スポーツ
貴乃花親方への支持は、伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)と山響親方の2人にとどまった。
羽黒蛇!伊勢ケ浜親方と山響親方は小林慶彦元顧問と結託した。

読売新聞
 相撲協会は29日に理事会と評議員会を開いて3人の新外部理事を選任し、30日には理事の役職や親方衆の職務分担を理事会で決める。
羽黒蛇!小林慶彦よりも悪者の宗像紀夫外部理事が退任

日刊スポーツ
「江戸時代からずっと続く大相撲で、ちょんまげ文化を守ってきた先輩方を本当に誇りに思います。この文化を後輩につないでいく責任があります。土俵でいい相撲を見せるんだ、と一丸にならないといけないと思っています」

読売新聞
「江戸時代から続く、大相撲という文化を後輩へつないでいきたい。(伝統を)守ることと改革をバランス良く進めたい」と抱負を述べた。

NHKニュース
八角理事長は、東京・両国の国技館内で記者会見し、「相撲を見たファンがついつい体が動いてしまうような熱戦をお見せすることが役目だと思っている。これからも協会一丸となって頑張っていく」と今後一層土俵の充実を図っていく決意を述べました。
また今後の課題の1つとして新弟子の確保を挙げ、「力士がいなければ相撲協会は成り立たない。安心して入門することができる協会にもっとしていく」と話しました。
そのうえで「相撲は、スポーツや文化というくくりができる前からある。この形を100年後も残していきたい。そういう思いが強い」と話し、相撲の伝統を守っていくことへの強い意志を示しました。

朝日新聞
理事会に先立って行われた評議員会で10人の新理事が承認され、その中から理事長を選んだ。鏡山親方(元関脇多賀竜)が八角親方を、山響親方(元幕内巌雄)が貴乃花親方(元横綱)を推薦

羽黒蛇!出羽一門が二人連続理事長をのがしたことはない。
八角理事長の次は、出羽一門の理事長、貴乃花はその次という可能性。
一方、貴乃花は今回が最後の理事長選挙への出馬と言っている。

羽黒蛇!貴乃花の心を推察、
小林慶彦の金力を駆使して理事長になる。今回理事長になれなければ次回は小林慶彦の金力は使えない。

羽黒蛇!貴乃花、伊勢ケ浜、山響以外の親方の心を推察、
小林慶彦に左右された協会を正常に戻したい。小林慶彦と結託した貴乃花は次の理事長選挙に出ても落選させる。

東スポ
 八角理事長は会見の冒頭で「いろいろ書かれたり、噂とかありましたが、私が思うには親方衆のことではなく、土俵ありきで私は頑張ってきた。先輩が築いてきたものを私が受け継ぎ、どう発展させたらいいか。それを後輩につなぐ責任もある。協会員一同、頑張っていくのでよろしくお願いします」とあいさつ。会議の内容についての質問も出たが「それはここで言うことではない」と明言を避け、改めて土俵の充実の必要性などを訴えた。
 今回の理事長選において、最大の注目だったのが貴乃花親方の動向。1月の理事候補選後、八角理事長が進めていた新評議員の人選や手続きなどをめぐり、貴乃花親方が激しく糾弾。親方衆の面前で退陣要求まで突きつける異常事態となっていた。これに一部の外部理事や他の親方衆も同調。八角理事長がつるし上げられる形となり、貴乃花親方を新理事長に推す声が高まっていった。
 それだけに、今回の理事長選での“政権交代”も期待されたが、八角派の理事たちの切り崩しに失敗。無風に近い形で現体制が継続することになった。
 春場所も15日間満員御礼が続き、土俵の充実がファンの拡大につながってきた。八角理事長は「力士が力を出せる環境づくりをしていきたい」とし、かねて公言していたリハビリ施設の設置や研修会の開催などを今後のビジョンに挙げた。「いずれにしても私一人ではできない。仲間と協会を盛り上げていきたいと思う」。協会一丸となっての相撲界発展を目標に掲げたものの、これで一件落着といくかは不透明だ。

3月24日スポニチ
貴乃花親方が出馬を決断したワケ…仲間の後押し 相撲道=人生
 日本相撲協会No・3の総合企画部長を務める貴乃花親方(43=元横綱)が23日、次期理事長選に向け、スポニチ本紙を通じて異例の立候補を宣言。「これが私にとって最初で最後の勝負となります」と、今回が最初で最後の出馬となることを激白した。
 貴乃花親方が強い決意を持った理由はともに土俵を沸かせた多くの仲間からの後押しによるものが大きい。「同じ考えを持つ方々を得て支えてくれています。彼らは昭和の相撲界を支えて平成の世に名を上げた方々ばかり。皆さんで飲む酒はうまくて、歌をうたい鼻歌まじりに家路に就きます。それが貴乃花を支えてくださる同志の強みです」。そうした仲間とともに臨む理事長選。「この路(みち)を皆様と同じ歩幅で進みたいと思います」と決意は固い。
 現在の貴乃花親方の心境を表す言葉。それは「一将万骨」だ。「私を支えるためにいくつもの骨が拾われようとしています」。そんな全ての同志へささげるメッセージがある。「家に帰れば家族がいる。我が子の笑顔を見よ。故郷の両親の笑顔を思えよ。いつでも見守ってくれるご先祖を思い出せよ。連れ合いのほほ笑みを胸に秘めよ。家族の絆を呼び起こせよ。とはいえ、私自身、母と兄とは疎遠です。理由はともあれお互い悪気はありません。優しい母、優しい兄。私がいないとひがんでしまう母と兄です。それだけです。ただ私は相撲道を背負って生きることをある時から決意しただけです」。貴乃花親方の人生は相撲道そのもの。今回の立候補表明もその道の一つである。

夕刊フジ
貴乃花親方、スポーツ紙で“出馬声明文”の奇行 大相撲理事長選
2016.03.26
 千秋楽の翌28日午後に行われる日本相撲協会の理事長選。続投に強い意欲を燃やす八角理事長(52)=元横綱北勝海=と貴乃花親方(43)=元横綱=との一騎打ちが予想され1月末から対立が激しさを増していたが、この闘いも終盤に入った。
 両者は水面下で最後の票固めに奔走しているとみられるが、貴乃花親方が現役時代から懇意にしている24日付のスポーツ紙で理事長選への立候補を宣言。この前代未聞の“声明文”が波紋を呼んでいる。
 それによると、立候補の目的は北の湖前理事長の恩に報いるため。これが最初で最後の勝負で2度と理事長選には立候補しないとある。だが当選後に何がしたいのか、具体的な方針などは書かれていない。
 ある親方は「何を考えているのか。理事長は10人の理事たちが選ぶもので読者は無関係なのに。それも白鵬対稀勢の里という今場所のハイライトがある日に、こんなものを大々的に発表するなんて」と首をひねる。
 8日目(20日)に行われた理事会で、貴乃花親方寄りとみられていた3人の外部理事が任期満了で理事選に関与できないことが明らかになり、同親方には痛いはず。カギを握る出羽海一門で、山響理事(元幕内巌雄)を除く3人の理事が八角理事長の支持に回ったという情報もある。この不利な情勢から“声明文”でのアピール作戦に出たとも言える。
 運命の日に笑うのは、どちらか。 (大見信昭)

夕刊フジ3月12日
今月初めには大阪市内で貴乃花一門の激励会を開き、一門の内外から支持する17人もの親方たちが集合。不退転の決意を示すように貴乃花親方は丸刈り頭で登場し、出席者たちをビックリさせた。また、9日には馳浩文科相を表敬訪問するなどのアピール活動も

3月24日スポニチ
八角理事長か貴乃花親方か…理事長選 態度不明の親方多く混戦模様
日本相撲協会理事長選 (3月28日)
 理事長選出の方法は理事の互選による。投票権を持つ新たな内部理事(親方)10人は1月末に選出されている。
 現在問題となっているのは、外部理事(有識者)3人の扱い。協会の定款では、新理事選任の評議員会(28日)終了までが現理事の任期と記され、新たな外部理事は29日まで不在となる。池坊保子評議員会議長は現外部理事に投票権はないという認識で「10人いるから理事会は成立する」と話す。
 外部の宗像紀夫理事は自身らを含む13人での投票を主張し「内部と外部の構成でないといけない。プロ野球の空白の一日じゃないんだから。10人で選ぶのは違法だし、無効」と訴える。10人か13人か。現時点で議論は平行線をたどったままだ。
 内部理事の中では山響親方が貴乃花親方の支持を表明している。八角現理事長の下で協会No・2の事業部長となった尾車親方は八角親方を支持するとみられる。態度不明の親方も多く、28日まで予断を許さない状況だ。


羽黒蛇!宗像外部理事は小林慶彦と結託した、警察が泥棒とグルになったような悪者だが、外部理事は理事長選挙の選挙権があるという主張は正しい。

羽黒蛇!相撲協会の定款を読み直して見たが、理事長選挙の投票者についての記載はない。定款に細則があるのか公表されていないが、細則に記載すべき。細則がなければ評議員会の判断となる。

羽黒蛇!法曹界の最高峰であられる宗像紀夫の発言にコメントをはさむが、無効である(選挙をやり直すべき)という主張は正しいと羽黒蛇は思うが、違法ではないだろう。違法だとすると、どの法律に違反するのか。公益法人の理事は評議員会が決める、というが法律で、それ以外にはないだろう。

羽黒蛇!公益法人の理事の互選で理事長が決まる、のが現状なるも、本来は
評議員が、誰が理事長にふさわしいを決めて、合意できない時は、
理事の互選ではなく、評議員が選挙で理事長を選ぶのが、法律にのっとったやり方。
この意味でも、宗像外部理事の「違法」発言はおかしい。

羽黒蛇!宗像紀夫もいやしくも安倍内閣参与なのだから、悪人小林慶彦とつるんでいることを、週刊新潮で公表しなければよかったのに。愚かな行動だったのではないか。

時事ニュース
しかし28日の新理事会では、無駄な出費を抑え、透明性の高い運営を目指す八角理事長への支持が大半を占めた。
羽黒蛇!春日野親方は八角支持の理由を出費問題と解釈できる発言。

以上

2016年3月27日 (日)

罪の重い順、一番:北の湖元理事長、二番:宗像外部理事、三番:小林慶彦元顧問(羽黒蛇)

罪の重い順、一番:北の湖元理事長、二番:宗像外部理事、三番:小林慶彦元顧問(羽黒蛇)

 

相撲協会を悪化させた犯人三人を罪の重い順にならべた。

一番罪が軽いのは、小林慶彦元顧問。金のある相撲協会をだまして懐に入れた。言ってみれば単なるコソ泥である。

一番罪が重いのは、泥棒を雇った、そして雇い続けた北の湖理事長。

 

危機管理委員長である外部理事の宗像紀夫は、小林より罪が重い。

小林は単なるコソ泥。宗像は悪事を取り締まる役職でありながら、小林を見逃した。小林と結託して悪事を行っていたと疑える。

310日付の週刊新潮で、宗像は八角理事長を非難しているが、読んだ感想は、「貴乃花を理事長にして、自分は外部理事として留任し、小林慶彦を再雇用し、今の役得を続ける」ために、インタビューに応じた。

 

(これが実現すると、相撲協会は公益法人取り消しのリスクが高まる。)

 

宗像紀夫は、安倍内閣の内閣官房参与である。(資料を文末に)

安倍内閣の参与が、相撲協会を破滅させる行動ととるとは、権威に弱い私たちにはなかなか想像できなかった。

羽黒蛇ブログの読者から、「何故、小林顧問の悪事を取り締まれないのか。宗像のような立派な人物が危機管理を担当しているのに。」という疑問の声が届いていた。内閣の参与は、相撲協会の利益のために働いてくれるはず、悪いことを取り締まってくれるはず、という思い込みがあった。

なんのことはなく、宗像は小林より悪人だったと思われる。(報道からの推察)

 

相撲協会には財産がある。

財産は狙われる。

財産を食い物にした小林慶彦は、無事126日に解雇された。

これから第二第三の小林慶彦が財産を狙ってくるであろう。

財産を守ってもらうために雇用した外部理事(宗像)が悪(小林)と結託された、警察(宗像)が泥棒(小林)とグルになったようなもとと推察。

だまされて金を奪われたことを教訓にして、文化としての相撲を守ってほしい。

 

羽黒蛇

 

――

Wikipediaを引用

内閣官房参与(ないかくかんぼうさんよ、英訳Special Adviser to the Cabinet[1])は、日本内閣官房役職の一つ。内閣総理大臣(首相)の“相談役”的な立場の非常勤国家公務員である。

内閣が対応すべき各種分野において優れた専門的識見を有する人材を首相が直接任命し、任じられた当人は首相に対して直接意見を言い、また情報提供や助言を行う。いわゆる“ブレーン”、“側近”的存在。人数制限はなく、通常は複数人いる。職務に対しては守秘義務が課される。全員に、所属する内閣府総理大臣官邸で一つずつ執務室が与えられる[2]。また内閣参与の上に定員1名の内閣特別顧問が存在する。

2次安倍内閣では以下の14人が任命されている[3][4][5][6][7][8][9]

公益法人の認定取り消し

mainichi.jp/articles/20160…
2016年2月6日 ... 高齢者から集めた預託金を流用した公益財団法人「日本ライフ協会」(東京都港区)= 民事再生手続き中=について、内閣府の公益認定等委員会は5日、同協会の公益認定 を取り消すよう安倍晋三首相宛てに勧告した。

@hagurohebi6 相撲協会にとって、明日は我が身。

貴乃花が理事長になり、
小林慶彦元顧問が再雇用され、宗像外部理事が留任すると、
相撲協会は内閣府に公益法人資格を取り消されるリスクが高まる。

相撲協会理事選に関する資料:週刊朝日3/25(小林慶彦顧問は今年1月26日、協会から契約解除通知を受けた。)日刊ゲンダイ3/15、週刊新潮3/10、朝日新聞3/21

相撲協会理事選に関する資料:週刊朝日3/25小林慶彦顧問は今年126日、協会から契約解除通知を受けた。)日刊ゲンダイ3/15、週刊新潮3/10、朝日新聞3/21

 

週刊朝日 2016325日号より抜粋

相撲協会理事長の座を狙う貴乃花知られざる素顔

先輩親方に「なに~!!」と詰め寄り、一触即発

「パチンコ裏金疑惑」顧問との蜜月

後援会幹部にあの「炎の行者」

八角親方との理事長撰ガチンコ対決の行方

日本相撲協会の「改革派」と評され、次期理事長の有力候補となっている貴乃花親方。横綱時代から二枚目のサラブレッドとして人気は高いが、「ナニワの石油王」の異名を持ち、1990年代に政官界との癒着が問われた「泉井事件」で実刑判決を受けた元石油商の泉井純一氏や、北の湖前理事長の「右腕」として協会の事務方を取り仕切ってきた50代の経営コンサルタント・K氏など“奇々怪々”な人脈があった。そしてヒートアップする理事長選の行方は?

協会幹部の発言「小林慶彦顧問は今年126日、協会から契約解除通知を受けた。ところが2月中旬、貴乃花親方は国技館の八角理事長の部屋で小林慶彦元顧問について『ずっと一緒にやってきたのに辞めさせるのか。もう一度雇うことはできないのですか』と申し入れたと聞いている。小林慶彦もその場にいた。八角理事長は応じませんでしたが、貴乃花親方は翌日も再び、八角氏に申し入れたそうです。

引き続き協会をコントロールしたい小林慶彦に貴乃花親方が利用されているのではないかと心配になります。」

2014年の協会の公益財団法人への移行手続きでは、(小林慶彦顧問が)外部との窓口になって中心的な役割を果たした。」

羽黒蛇注:週刊朝日原文ではK氏と記載している箇所を本名に置き換えた。

 

 貴乃花親方の後援者には、K氏や泉井氏の他にも意外な人物がいた。鹿児島市の宗教法人「最福寺」の池口恵観法主だ。

 池口氏といえば「炎の行者」の異名を持ち、朝鮮総連本部ビルの落札に名乗りを上げるなど“フィクサー”としても知られる。「最福寺」の護摩行には覚醒剤取締法違反で逮捕された清原和博容疑者や、現阪神監督の金本知憲氏などが訪れる。前述した貴乃花親方のメールは池口氏に宛てたものだ。清原容疑者逮捕後にはこんなメールを送っている。

≪(清原容疑者は)現場へと復帰しこれからは家族、仲間、人生の師の元へ帰ってくるはずです、私がお会いしましたら先生のお言葉をしっかりと伝授いたします≫

 貴乃花親方は昨年3月、大阪市内のホテルで約1600人の参加者を集めて後援会の設立パーティーを行っている。この実現には池口氏が奔走したのだという。池口氏がこう語る。

「貴乃花親方は泉井純一氏から紹介されたと記憶しています。引退した一門の弟子の就職を世話してほしいというので、阪神など関西の上場企業に協力してもらい、後援会を立ち上げた。護摩行にも昨春、一門の親方たちを連れて一度来ていただいています。貴乃花親方は性格が素晴らしく、いずれ理事長になる方だと考えています」

 池口氏と貴乃花親方の両者を知る関係者もこう語る。

Kさんはもともと北の湖前理事長と一緒に恵観先生の護摩行に来ていた。北の湖さんが亡くなり、行き場がなくなったKさんを、私が貴乃花親方につなぎました。『貴乃花親方を内部から応援せなあかん』とね」

 ヒートアップする理事長選は、メディアを巻き込んだ「諜報合戦」の様相を呈しつつある。310日発売の「週刊新潮」では、日本相撲協会外部理事の宗像紀夫氏が実名でインタビューに応じ、「八角理事長に告ぐ 相撲協会の私物化を止めよ」という見出しの特集記事を掲載している。危機管理委員長としてK氏の金銭授受疑惑を調べ、問題なしとした人物だ。

 記事中で宗像氏は、八角親方が理事長に就任した手続きを不透明な「出来レース」と糾弾した。宗像氏は本誌の取材にこう語る。

K氏の金銭授受問題は当時、複数の弁護士を使って調べ決着した。理事会に報告し、反対する人もいなかった。K氏がいると協会の運営が自由にならないと考える人たちがいるのではないか」

 貴乃花親方の“奇々怪々”の人脈はまだあり、「ワキの甘さ」を心配する次のような声も上がった。

「貴乃花親方の先代からの後援者にある新興宗教の指導者がいるが、あまり評判のよくない人物。『付き合いは控えたほうがいい』と忠告したことがあるが、続けている。貴乃花親方のタニマチだった政商、泉井氏は服役を終えましたが、かつてほどの援助はもうできない。貴乃花親方の金銭面は楽ではないようで、新興宗教の指導者らを切るのは難しいのでしょう。そういうところで理事長選に影響が出ないか心配しています」(貴乃花一門後援会関係者)

 貴乃花親方の自宅の登記簿を調べると、昨年9月に金融機関から極度額18千万円の根抵当権と、計2億円の抵当権が設定されていた。先代から相続した東京都中野区の貴乃花部屋の土地建物の所有権は、08年に都内の不動産会社に売却している。

 貴乃花親方にK氏を巡る八角理事長とのやりとりについて尋ねるとこう回答した。

K氏が理事長室に入っていった後に私も入っていき、北の湖理事長のもとで働いていた方を、理事会にも諮らずに、いきなりやめさせるというのはいかがですかと発言はしました。(中略)八角親方が御一人で決める問題ではないと理解しておりますとお話をさせていただきました」

 K氏に指摘される疑惑については「理事として守秘義務がございますので、ご容赦いただきたくお願いいたします」とのこと。

 K氏にも取材を申し込んだが、期日までに回答を得ることはできなかった。

 運命の328日、理事長のイスを獲得するのはどちらか。ベテラン相撲記者は次のように予想する。

「今のところ、7364で八角理事長が有利とみています。貴乃花親方に同調しているのは伊勢ケ浜親方と山響親方。出羽海一門の春日野、出羽海、境川の3人の親方の動向が勝負の分かれ目ですが、複数が八角支持と聞いている」

 ただ、それぞれの勢力が拮抗しているのでギリギリまで二転三転する可能性もあるという。運命の大一番は、すでにがっぷり四つの展開となっているのだ。(本誌取材班)

日刊ゲンダイ、315

貴乃花理事とグルの“裏金顧問” 相撲協会から解雇されていた

昨年暮れ、相撲協会の八角理事長(52)がまだ、「理事長代行」だったころの話だ。
 それまで協会内部の事務方を一手に仕切り、パチンコ業者との契約の際に裏金を受け取った「裏金顧問」が、ある会社の債券を70億円分購入しようとしていたことが露見した。
 仮に、その企業が倒産しようものなら、債券は紙クズになる。そもそも70億円もの大金を投資につぎ込むこと自体に疑問を抱いていた八角理事長代行は、裏金顧問に説明を求めた。
 すると裏金顧問は、強い口調でこう言った。
「法律で決められていることだ。内部留保がこんなにあると受け取られてしまう。内閣府にもスポーツ庁にも指導されている」
 そして、八角理事長代行をせかすように続けた。
「12月18日の理事会までに社債を買わなければならない。とにかく早くしないと……」

疑心暗鬼になった八角理事長代行は内閣府とスポーツ庁に出向いて問い合わせたところ、「そんなことは一切、言っておりません。協会が決めることです」と、担当者はかぶりを振った。裏金顧問はつまり、ウソをついて、協会に70億円分の債券を買わせようとしたことになる。八角理事長代行はもちろん、これを阻止した。

■ウソ八百を並べ立てて逃げ切りも…

 裏金顧問はパチンコ業者との契約に関してもウソをつきまくっている。

 4年前、理事をまとめるという名目で、業者との間に入った代理店関係者から500万円を受け取り、後にその事実が週刊誌上を賑わせた。裏金顧問は「カネは返した」と主張。裏金顧問とグルの危機管理委員会・宗像紀夫委員長(74)も「カネは返したから問題ない」と訳の分からない理屈でおとがめなしに。宗像委員長はさらに理事会で「(裏金顧問は代理店関係者に)カネを渡した形をつくりたいから、形だけ預かって後で返して欲しいと言われた」と説明したらしいが、これらは明らかなウソっぱちだ。

本紙は現金授受の一部始終を収めたDVDをチェックしたものの、代理店関係者は「後で返して欲しい」とはひと言も言っていない。それどころか裏金顧問は紙袋から帯封のしてある5つの札束を取り出して金額を確認しながら、「絶対、これ、バレんようにしてくれる? 北の湖に……。中止せな、つぶさなアカンようになるので」と、口外しないようクギを刺している。

その場で、代理店関係者から期間が足りずに500万円しか用意できなかったと説明を受け、さらなる裏金が必要ですよねと念押しされると、「別に小分けでも構わんですよ」と答えている。「返す」どころか、裏金を歓迎しているのだ。

 実際、代理店関係者も、日刊ゲンダイ本紙の取材に「(カネは)返してもらっていない」と答えている。

「裏金顧問のカネに関する話は枚挙にいとまがありません」と、さる親方がこう続ける。

「裏金顧問が協会に来てからというもの、必要に迫られていないムダな工事が山ほど行われているのです。例えば国技館の3階まで伸ばしたエレベーターには5000万円がかかったそうですけど、実際に使う人はほとんどいません。さらに正面の木戸、チケット売り場を50センチだけ拡張する工事にも5000万円、これによって防火シャッターを直す工事が必要になって1600万円かかったらしい。国技館地下の貯水設備もなぜか早急に改修が必要と8000万円がつぎ込まれたといいます。南門の小屋を8000万円かけて建て直す計画まであったのですが、八角理事長が阻止したと聞いています」


 裏金顧問はウソをついて70億円分の債券を購入しようとしたり、親方連中が「ムダ」とクチをそろえる工事に巨額の費用を投じたりする。なにしろ業者から裏金を受け取りながら、ウソ八百を並べ立てて逃げ切った人物だ。巨額の債券を購入しようとしたことや数々のムダな工事も思惑があるとみるのが自然だろう。

この裏金顧問と一緒になって相撲協会を牛耳ろうとたくらんでいるのが貴乃花理事(43)だ。前出の親方が言う。

「野心の強い貴乃花は一日も早く理事長の椅子に座りたいし、カネも欲しい。莫大な借金を抱え、首が回らないといいますからね。そこへいくと裏金顧問はカネ回りがいい。カネと権力が欲しい貴乃花と、権力を利用してカネ儲けがしたい裏金顧問は、くっつくべくしてくっついた。危機管理委員会の委員長を務める宗像外部理事、1月下旬の理事候補選で理事になった山響親方(45)も彼らとグルです」

年頭の挨拶で相撲協会全職員を前に「協会を破産させる勢力とは断固戦う」と話していた八角理事長は1月下旬、裏金顧問を解雇した。

 

「週刊新潮」310

八角親方の理事長就任が決まった昨年12月の理事会での不自然な経緯や、就任後に変更された協会の資産運用法についても掲載している。

相撲協会外部理事に殺害予告 「八角に投票しないと殺すぞ」

殺害予告があったのは28日午前11時半。ある外部理事の元へ右翼を名乗る男から電話があり、「(理事長選で)八角に投票しないと殺すぞ」と脅迫されたのだ。既に警察に被害状況を通報しているという。
 脅迫された人物とは別の外部理事・宗像紀夫氏(74)が、「週刊新潮」の取材に応じ、この件について語った。

私はこれまで4年間、相撲協会を見てきましたが、八角さんが理事長になってからの協会運営の乱暴さは目に余るものがある。八角さんは、未だに相撲界の古いしきたりの中での考えのままなのです。しかし、公益性を持った、開かれた協会においてそれは通用しない。北の湖さんの時代には、こんなことは絶対にあり得なかった。あの人は本当に高潔な人でしたから……」(宗像氏)

 



朝日新聞

八角理事長を再選へ 日本相撲協会、新理事の過半数支持

20163211226

エディオンアリーナ大阪で開催中の大相撲春場所後の28日に行われる日本相撲協会の理事長選で、現職の八角理事長(52)=元横綱北勝海=の再選が確実になった。20日の同協会理事会で、新しい任期(2年)の力士出身理事10人の互選で決めることが確認された。八角理事長は新理事の半数を超える支持を固めている。

 理事長選に出馬意欲を見せているのは、八角理事長と貴乃花理事(43)=元横綱。28日の評議員会で承認されて正式に就任する新理事10人のうち、ナンバー2の尾車事業部長(元大関琴風)ら現職3人が現理事長を、伊勢ケ浜審判部長(元横綱旭富)と新顔の山響親方(元幕内巌雄)は貴乃花理事を支持。新顔の春日野(元関脇栃乃和歌)、出羽海(元幕内小城乃花)、境川(元小結両国)の3親方の動向が注目されたが、力士のけがへの対応重視や高校生以下への団体割引の継続などを打ち出した現理事長支持でまとまった。

 同協会の理事会は2014年の公益財団法人化に伴い、力士出身理事と外部から招いた理事で構成されている。外部理事は理事長が任命する。定款では新理事長を選ぶ理事会は新理事で行うことになっているが、任期の切れる一部の外部理事は「10人でやったら違法。理事会は外部理事を入れた構成にしないと無効」と話している。

 

2016年3月16日 (水)

北の湖前理事長の懐刀Kが理事長の選出暗躍のうわさ、庄内日報3月8日

相撲協会の次期理事長は誰か
北の湖前理事長の懐刀Kが理事長の選出暗躍のうわさ

日本相撲協会の次期理事長は、3月場所千秋楽翌日の3月28日に新理事会で互選されるが、故北の湖前理事長の任期を引き継いだ現職の八角理事長(元横綱北勝海)と、若手の貴乃花親方(元横綱)の一騎打ちと、スポーツ新聞や週刊誌などが賑やかに報じている。これらの報道で私が最も注目したのは1月26日~30日の日刊ゲンダイの記事である。

相撲協会が仕事初めを迎えた1月5日、八角理事長は全職員を前に強い口調で次のように言った。(以下太字は八角理事長の発言)
「2014年度の(相撲協会)の収支決算は赤字に転落にした。協会を破産させるような勢力とは断固、戦うつもりだ。」
新理事に当選した春日野親方(元関脇栃乃和歌)も「赤字からの脱却」を課題としている。

たしかに八角理事長、春日野理事の言う通り相撲協会の2013年の経常利益は1億5300万円の黒字であったが、2014年は全6場所の満員御礼が58日で入場券売り上げは前年度より7億円増加したのに7400万円の赤字になった。相撲協会の公式HPによると2015年は11月場所の4日間を除き86日が満員御礼であったにもかかわらず、13億3750万円の赤字である。

八角理事長は「この赤字の原因を単なるカネの無駄遣いにかぎらず、不透明なカネ遣いにあるのではないか」と言っている。
八角理事長が言う「協会を破産させる勢力」とは北の湖前理事長の右腕として権力を振ったK顧問を指していることは間違いない。K顧問とは何者か?彼が初めてジャーナリズムに登場したのは2007年9月15日の週刊現代であろう。

この週刊誌に彼は北の湖理事長の「右腕」として登場する。巡業を仮病で休み、サッカーに興じ相撲協会により2場所出場停止の処分を受けた横綱朝青龍が北の湖理事長の「思いやり」により治療を理由にモンゴルに帰国するとき、墨田区のマンションから空港に行く車に同乗した人物がいた。彼の名は小林慶彦(52歳)。「AT&C JAPAN」社長の彼は北の湖と極めて近しい間柄で、頻繁に理事長室に出入りをしている。(小林慶彦が本名であるのは事実であるが、マスメデイアではK顧問と通称しているのでこれを使うことにする。)

次にK顧問が登場するのは「相撲協会に跳梁跋扈『北の湖の懐刀』の正体」と題する2013年7月28日のサンデー毎日である。この記事を要約して引用する。
「相撲協会の危機管理委員会には『北の湖の懐刀』と呼ばれる人物がいる。2012年8月に顧問に就いた経営コンサルテイング会社社長(58)である。立命館大卒業後、実父が経営する台湾にある生地会社の代表に就任、その関係で台湾巡業(06年)を手がけ、モンゴル巡業(08年)では巡業を仕切った。顧問就任後は国技館内の応接室を専用居室としている。今や顧問として協会に浸透して『北の湖の金庫番』と称されるほどの存在になった。」

21歳2ヶ月の史上最年少の横綱昇進記録を持つ北の湖理事長は、2期10年にわたって(9代2002年2月~08年9月、12代12年2月~15年11月)理事長の地位にあったが「名力士、必ずしも名伯楽ならず」とのいわれのあるように、理事長としての北の湖の評価は高いとはいえなかった。きわめて保守的な北の湖理事長は、機略にすぐれたK顧問の「元NHKアナウンサー杉山邦博氏の取材評を没収すべし」との意見を実施するなど、K顧問のアドバスを重用した。

K氏が「協会の50代の男性顧問」または「協会員であるX」と匿名で登場したのは,相撲協会とパチンコ業者による力士の肖像権に関わる契約をめぐってのK氏の汚職問題である。2014年7月21日の朝日新聞は「相撲協会、顧問の動画流出巡り『現金は返却と結論』」という見出しで次の通り述べている。
「顧問が仲介者から現金(裏金)を受け取る動画がインターネット上に流出した。動画では顧問が『絶対にこれ、(北の湖理事長に)バレんようにしてくれよ』と相手に言っている。裏金問題を調査に当たっていた協会の宗像紀夫外部理事(危機管理対策担当)の『顧問が現金1700万円は返却したので問題なし』との見解で、K顧問は無罪放免になった。パチンコ業者との契約は肖像権などに関するもので、総額1億円。理事会の承認は経ず、理事長の決済で2014年夏に結ばれたという。」

この記事で、私が納得できなかったのは宗像外部理事の「顧問無罪」の判断である。すぐその場で返却すれば問題がないが、後に返したからといつて横領の行為自体は消えないからである。
相撲協会に外部役員が招かれるようになったのは、2007年に起きた時津風部屋の新弟子暴行死事件以来、不祥事続きの相撲協会に批判が高まったためであった。最初に外部役員に就任したのは、理事・伊藤滋(早稲田大特命教授)、理事・村山弘義(元東京高裁検事長)監事・吉野準氏(元警視総監)の3名で、2008年の大麻事件、2010年1月の朝青龍泥酔暴行事件、11年2月発覚した八百長問題続発する諸問題に対処したが、吉野監事が特に厳しかったようだ。

2012年に相撲協会の外部理事に就任した宗像紀夫氏(元名古屋高検検事長、第2次安倍内閣参与)はロッキード事件では公判担当検事、リクルート事件の主任検事などを務める有能な検察官僚であったが、「八百長問題など最初の外部役員は厳し過ぎた」、「協会員は出来るだけ守る」と、第1次外部役員とは異なる方針であるようだ。
最初の外部役員3人のきびしい判断に大いに不満であった北の湖理事長の宗像新外部役員の洗脳が功を奏したためか、上司には逆らわないと言うのが宗像氏の信条なのか、分からない。

肖像権裏金問題が協会内で無罪になったことによって、北の湖理事長はますますK氏との関係が親密になったようだ。私たち部外者にも、K氏が外部職員の最高のポストである主事に昇格したという噂が聞こえてきた。
2016年1月21日の日刊ゲンダイのインタビューで八角理事長は次のように述べている。
「北の湖理事長が亡くなる直前の11月の理事会で『Kにすこし重石を付けたい』、と発言し、外部(理事)から事務局長という案が出た」。
「事務局長」という案を出した外部理事とは宗像氏であろうが、この案は外部職員の最高のポストの「主事」(現在は空席)にK顧問が就任すると批判されるのを危惧したためか。

2014年9月、「65歳で定年退職する親方を70歳まで再雇用する」ことが決まったが、K顧問の提案であったようだ。この定年延長により年寄株が空かず、引退力士が親方になれないことになる。また協会の財政を圧迫する一方、定年退職予定の親方たちにとっては嬉しい話。

彼らの何人かが理事長選挙でK顧問の支援を受けている貴乃花に投票することもありうることである。八角親方が理事長に就任以来、国技館には出勤していないK顧問が最近、豊富な資金を投入して八角と理事長席を争う貴乃花理事の理事長当選を目指しているらしい。

以上、庄内日報3月8日の記事を引用。

2016年2月15日 (月)

日刊ゲンダイ、小林顧問、2014年の報道を引用


北の湖理事長が死去 伏魔殿改革のネックは“裏金顧問”の暗躍
日刊ゲンダイ2015年11月21日


左から八角親方、北の湖理事長、貴乃花親方(C)日刊ゲンダイ
 日本相撲協会の北の湖理事長(62)が20日、福岡市内の病院で死去した。死因は直腸がんによる多臓器不全。この日朝、貧血で病院に運ばれ、容体は安定していたものの、夕方に急変した。

 さる親方によれば「周囲は理事長ががんであることを承知していた。今年に入ってから『今回はかなり危ない』というウワサが3回ほど流れたかな。体中にがんが転移して満身創痍だった」そうだ。

■八角理事長代行は理事や親方の信頼厚い

 日本相撲協会は年明けに理事選がある。新たな理事が決まった後、互選によって北の湖理事長に代わる新たな理事長が誕生する。それまでは協会のナンバー2である事業部長の八角親方(元横綱北勝海)が理事長代行を務めることが協会から発表された。

 日本相撲協会は「伏魔殿」といわれる。現体制でも「顧問」と呼ばれる人物が北の湖理事長の右腕として暗躍。業者から500万円の裏金をもらい、そのシーンの動画がネット上に出回っても、返したから問題ないと開き直り、いまも内部を牛耳っている。

 昨年はほとんどの場所で「満員御礼」の垂れ幕が出たにもかかわらず、大幅な赤字を計上。放漫経営も甚だしい、とんでもない公益財団法人は、北の湖理事長の死によって何か変わるのか。前出の親方がこう言った。

「親方連中はみな、いまの体制がおかしいと感じている。北の湖理事長の威光をかさに着て、顧問がやりたい放題。歯向かうヤツは片っ端からクビにするか、追い落としてきた。それが嫌で渋々従ってきた連中がほとんどだけど、理事長が亡くなったこれからはそうはいかない。親方や理事のほとんどは、理事長代行を務める八角親方がそのまま理事長に就任すればいいと考えている。八角親方はバランス感覚に優れていて、理事や親方からの信頼も厚い。内部の風通しはよくなるし、赤字体質からも脱却しますよ」

 しかし、ネックになるのがくだんの「裏金顧問」だという。

「自分の権力を維持するために、ナンバー3の貴乃花親方に擦り寄っているのです。貴乃花親方を理事長に据えることによって、これまで通り、内部を牛耳るつもりなのでしょう。前回の理事選では顧問に刃を向けた九重親方(元横綱千代の富士)が落選。顧問の策略だともっぱらだった。年明けの理事選でも何が起こるかわかりませんよ」(同)

 八角親方がそのまま理事長に就任するのがベストでも、まだ波乱含みというのだ。

2016年2月12日 (金)

相撲協会 27年赤字 (羽黒蛇)

相撲協会HPに公表されている収支予算書(損益計算ベース)平成2711日から1231日まで (羽黒蛇)

 

八角親方の相撲協会内の年頭挨拶で、「相撲人気は回復したが赤字体質が治らないのは、不正があるのではないか」という趣旨。その時点では赤字が発表になっているのか、私は知らなかったのですが、協会HPに載っていたので、引用します。万の単位で四捨五入。

 

                           
 

経常収益

 
 

943924万円

 
 

経常費用

 
 

1077674万円

 
 

赤字

 
 

133750万円

 
 

 

 
 

 

 
 

一般正味財産機首残高

 
 

3510811万円

 
 

一般正味財産機末残高

 
 

3376929万円

 
 

正味財産機末残高

 
 

3381364万円

 

351億の財産が、赤字13億で338億に減りました。羽黒蛇

 

協会HP収支予算書 http://www.sumo.or.jp/pdf/kyokai/zaimu/h27_yosan.pdf 

2016年2月 2日 (火)

1月29日,1月30日理事選、新聞報道、資料としてまとめ、

1月29日スポーツ新聞

貴親方に軍配!八角理事長の新任評議員人事案“白紙撤回”
スポニチアネックス 1月29日(金)6時56分配信

 日本相撲協会の全親方衆が集う「年寄総会」が28日に行われ、総合企画部長を務める協会No・3の貴乃花親方(元横綱)が猛反発していた八角理事長(元横綱・北勝海)の新任評議員人事案が白紙撤回になった。貴乃花親方の主張に同調する意見が親方衆から続出した。また、理事長と同じ高砂一門の九重親方(元横綱・千代の富士)が29日の新理事候補選挙への立候補取りやめを決定。八角体制にとっては予想外の逆風となり、3月の理事長改選では貴乃花親方を推す声がさらに高まる可能性も出てきた。

 貴乃花親方が真っ向から反論した八角理事長による“強行人事案”。本来であれば、全親方衆によるこの日の年寄総会で提案や説明を行うはずだったが、理事長の口から最後まで話題にすることはなかった。

 事の発端は21日の評議員会の会合。協会の最高決定機関ともいえる評議員会の新しいメンバーに八角理事長が自身と同じ高砂一門の元親方を推薦。極めて重要な事案を密室で決めようとした理事長に対し、貴乃花親方が異論を唱えた上で年寄総会の承認が必要であると要求した。それから1週間。親方衆からの反発は必至の状況だったこともあってか、理事長は人事案についての提案をあらかじめ取り下げ、会合で元親方の名前を出すこともなかった。実質的な白紙撤回だった。

 年寄総会の出席者によると、一部の親方から理事長に対し「同門の先輩を入れることを軽く考えてはいけません」「元親方が評議員に入ることをきっかけに現役が減るじゃないか」などといった趣旨の意見が出たという。もともと、評議員会は昨年急逝した北の湖前理事長時代に「外部有識者4人、力士出身者3人」という枠組みを固めた。それだけに、別の親方から「現役親方3人でいいじゃないか。北の湖理事長の考えを忘れたのか」と貴乃花親方に同調する意見も飛び出したという。年寄総会後、理事長は新任評議員候補について「後日、話し合って年寄会から推薦しようとなった。きょうからスタート。慌てなくていい」と“元親方案”を撤廃し、現役親方から選ぶ方針に変更。結果的には貴乃花親方の反論によって覆された形となった。

 一方、29日の新理事候補選挙を前に九重親方が立候補を取りやめるという出来事もあった。同じ高砂一門に所属する理事長にとって、3月28日の理事長改選(10人の理事の互選で決定)に向け貴重な1票を失った形だ。それは、若手親方を中心に協会トップに推す声が根強い貴乃花親方にとってはプラスとなることを意味する。この日は近寄る報道陣を手で制し、無言を貫いた貴乃花親方。2カ月後、北の湖前理事長の遺志を継ぐのは誰か。平成の大横綱に追い風が吹き始めたと言っても過言ではない状況となってきた。

 ▽理事長選出までの流れ 29日の理事候補選挙の当選者10人は春場所千秋楽翌日の3月28日の評議員会で選任される。同日に新理事会が開かれ、理事長を互選する。新体制での外部理事は同29日、各親方の新しい職務は同30日に決まる

ーー
理事長選の前哨戦!?貴親方、手続きの不当性訴え「密室はいけない」

八角理事長が提案した評議員の人事に猛反発した貴乃花親方
Photo By スポニチ
 初場所で琴奨菊の10年ぶりの日本出身Vに沸いた相撲協会に新たな火種がくすぶり始めた。八角理事長(元横綱・北勝海)が提案した人事案に対し、総合企画部長を務める協会No・3の貴乃花親方(元横綱)らが猛反発していることが27日、分かった。理事の選任などの強い権限を持つ「評議員」に正規の手続きを踏まず新たに推薦した人物が理事長と近い元親方だったことなどが原因だという。

 スポニチ本紙の取材に対し、貴乃花親方は「公益財団法人としての定款を後世に残すためには、正しい道を進んで協議をしないといけない。密室で行われてはいけない。自分の一門出身のOBを選出しようとしたこと自体に異論があります」と指摘。結局、貴乃花親方の反発によって新任評議員の議案はいったん取り下げとなり、28日に行われる「年寄総会」で諮られることになった。

 29日には新理事候補を選ぶ選挙が行われ、3月28日には新理事長が決定する。新体制に移行するまで八角親方が理事長を務めるが、若手親方を中心に貴乃花親方を推す声も根強い。カリスマとして協会を一つに束ねた北の湖前理事長の遺志を継ぐべき存在を選ぶのは全親方衆次第。紛糾必至の年寄総会がその第1弾となりそうだ。

 ▽日本相撲協会の評議員 14年1月に内閣府から公益財団法人への移行の認定を受け、新たに設けられた協会の最高決定機関。理事の選任や解任など強い権限を持つ。協会の定款には「評議員5名以上7名以内を置く」「総数の過半数を外部有識者とする」と定められている。北の湖理事長時代に「外部有識者4人、力士出身者3人」という枠組みを固め、関係者によるとその枠組みについての内部規則も存在する。親方出身者が評議員に就任する場合は一度、年寄を退任する。
ーー
日刊スポーツ
山響親方の評議員退任で後任協議も6人で運営確認
[2016年1月29日9時28分 紙面から]

 日本相撲協会は28日に開いた年寄総会で、理事候補選挙に立候補したため評議員を退任した山響親方(45=元前頭巌雄)の後任について協議したが、当面は現状の6人で評議員会を運営することを確認した。21日に開催された評議員会で同親方の退任承認後、後任について元年寄の名前が候補者として挙がっていた。ただ手順として、年寄会の推薦が必要と判断されたため、この日の年寄総会で議案として論議された。

 評議員会は、理事の選任などの権限を持つ同協会の最高決定機関で、5~7人、過半数は外部有識者、などと定められる。同親方の退任でも、この条件は維持できる。また協会内部から選出する場合、現役年寄が望ましいという声もあり拙速な決定は先送りにした。公益財団法人移行後、評議員の退任は初のケース。八角理事長は「慌てなくていいでしょう。勉強会の感じ」と話し、今日29日の評議員会で選出法の承認を得る意向を示した。

九重親方が理事選断念 票「そろわなかった」
[2016年1月29日9時28分 紙面から]

 日本相撲協会は28日、東京・両国国技館で役員候補選挙(29日投開票)の立候補を受け付け、定員10人の理事候補に八角理事長(元横綱北勝海)や4期目の当選を目指す貴乃花理事(元横綱)ら11人が届け出た。立候補を表明していた九重親方(元横綱千代の富士)は出馬を断念し「出さなかった。(票が)そろわなかったということで…」と説明した。

 九重親方は協会NO・2の事業部長だった前回、最下位5票で落選。「不徳の致すところです」と漏らした。親方99人が投票する今回は当選に10票ほどが必要で、昨夏に早期の膵臓(すいぞう)がんで手術を受けた同親方は、理事復帰を目指してほかの一門との協力を模索していた。

 2年に1度の役員改選で、今回は4期連続の投票。関係者の話では、伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)高島親方(元関脇高望山)の伊勢ケ浜一門2人と山響親方(元前頭巌雄)の3人で最後の2枠を争うとみられる。定数3人の副理事も4人が届け出て投票となった。当選者は3月28日の評議員会の承認を経て就任する。理事長は、新たな理事の互選で決まる。

 投開票は29日。役員改選は2年に1度実施され、当選者は評議員会の承認をへて、3月の春場所に就任する。理事長は、理事の互選によって決まる。

 立候補者は以下の通り。

 【理事候補】▽出羽海一門 春日野(元関脇栃乃和歌)出羽海(元幕内小城ノ花)境川(元小結両国)山響(元幕内巌雄)▽二所ノ関一門 二所ノ関(元大関若嶋津)尾車(元大関琴風)▽伊勢ケ浜一門 高島(元関脇高望山)伊勢ケ浜(元横綱旭富士)▽高砂一門 八角(元横綱北勝海)▽時津風一門 鏡山(元関脇多賀竜)▽貴乃花一門 貴乃花(元横綱)

 【副理事候補】▽出羽海一門 玉ノ井(元大関栃東)藤島(元大関武双山)▽二所ノ関一門 芝田山(元横綱大乃国)▽時津風一門 井筒(元関脇逆鉾)
ーー
九重親方、理事選出馬取りやめ 支持票揃わず
2016年1月29日6時0分 スポーツ報知

理事選の出馬を取りやめた九重親方

 日本相撲協会は28日、東京・両国国技館で役員候補選挙の立候補を受け付け、定員10人(外部理事を除く)の理事候補選に11人が届け出た。公益財団法人移行前を含めて、4期連続で投票が行われることになった。29日に国技館で99人の全親方による投票を行い、即日開票される。

 前回落選し、今回も立候補を表明していた理事経験者の九重親方(元横綱・千代の富士)は出馬を取りやめた。同親方は「(立候補届を)出さなかった」と明かした。理由については「(支持票が)そろわなかったということで…」と多くを語らなかった。

 現職は6人で、初出馬が5人。当選を確実にするためには10票が必要とされる。北の湖前理事長が昨年11月に死去した最大派閥の出羽海一門からは、これまでの3人を上回る4人が出馬した。春日野親方(元関脇・栃乃和歌)ら全員が初の立候補で、同親方は「協会の赤字が黒字に変わるように尽力したい」と話した。

 定数3人の副理事にも初出馬の藤島親方(元大関・武双山)ら4人が届け出て、投票となる。理事候補選挙の当選者は評議員会の承認を経て、大相撲春場所(3月13日初日・エディオンアリーナ大阪)後に就任。新たな理事メンバーで理事長を互選する。
ーー
1月30日スポーツ新聞

八角理事長に噛みついた「貴の乱」の行方は?
東スポWeb 1月30日(土)7時20分配信
 日本相撲協会が大混乱に陥った。全親方衆による年寄総会が28日、東京・両国国技館で開かれ、八角理事長(52=元横綱北勝海)が進めていた新評議員の人選や手続きなどをめぐり、貴乃花親方(43=元横綱)が協会トップを激しく糾弾。親方衆の面前で退陣要求まで突きつけた。今回の“クーデター”で、両者の関係修復は不可能な状況。2010年の理事選強行出馬に続く「貴の乱」で、角界に大きな波紋が広がっている。

 角界で危惧されていた「空中分解」が、ついに現実のものとなった。昨年11月、絶大な求心力を誇っていた北の湖前理事長(元横綱)が急死。同12月に八角新理事長が誕生したものの、複数の理事(外部を含む)が新理事長選出の段階から反対に回るなど、前途多難な船出となっていた。なかでも強く反発していたのが、北の湖前理事長の“正統な後継者”を自任する貴乃花親方だ。

 両者の対立が決定的となったのは、八角理事長による新評議員の選定をめぐる一連の動きだ。今年に入ってから、相撲協会の最高決定機関に位置する評議員会のメンバーだった山響親方(45=元幕内巌雄)が29日に行われた理事選に立候補するため、兼務できない評議員を辞任。1枠が空席となり、八角理事長は角界OBの一人を後任の評議員に推薦した。

 その人選や手続きなどをめぐって、貴乃花親方が異論を唱えたのだ。そして、28日の全親方衆が顔を揃えた年寄総会の場で“クーデター”とも言える行動に打って出た。

 総会の出席者によると、貴乃花親方とその意見に同調する親方が一方的に八角理事長を糾弾する「つるし上げ」に近い状況になったという。これに対し、協会のトップは「自分の勉強不足だった。申し訳ない」などと平身低頭で釈明した。全親方衆が顔を揃える手前、事態を穏便に済ませたいとの思惑もあったに違いない。

 それでも貴乃花親方は「(新評議員の推薦は)ちゃんと理事全員に説明したんですか!?」「(角界OBの枠が)今後に外部の枠になって、相撲を全く知らない人が入ってきたらどうするのか!」などと、理事長への追及の手を緩めなかった。

 見かねたベテラン親方から「そう興奮するな。落ち着け」とたしなめられても「興奮なんかしてない!」と、逆に注意した親方にまで食って掛かったほどだという。ついには、八角理事長に対して「勉強不足じゃ済まない! 理事長、責任を取って退任してください!!」と、退陣要求まで突きつけた。これは受け入れなかったものの、新評議員は現役親方から出す方向でまとまった。

 ただ貴乃花親方のあまりに激しい突き上げを目の当たりにし、大半の親方衆は“ドン引き”。それまで中立的な立場だった親方でさえ「(貴乃花親方は)どうしてしまったのか。仮にも相手は現職の理事長。しかも(角界の)先輩に対して取る態度ではない。いくらなんでも、やりすぎだ」と顔をしかめた。

 先の初場所では大関琴奨菊(31=佐渡ヶ嶽)が日本出身力士による10年ぶりの優勝を果たして沸き返ったばかり。その直後に勃発した内紛劇は、角界に暗い影を落としてしまった。かねて貴乃花親方の協会トップ就任は確実と目されていたが、今回の行動は大きく賛否が分かれそうだ。
ーー
貴乃花親方、協会トップに浮上!八角現理事長と春場所後選挙で一騎打ち
スポーツ報知 1月30日(土)7時4分配信

理事選を終えて引き揚げる貴乃花親方(左)と八角理事長
 日本相撲協会は29日、東京・両国国技館で役員候補選挙を行い、親方による投票で現職の八角理事長(元横綱・北勝海)や貴乃花親方(元横綱)ら10人が当選し、新人候補の高島親方(元関脇・高望山)が落選した。当選者は大相撲春場所(3月13日初日・エディオンアリーナ大阪)の千秋楽翌日(同28日)に開かれる評議員会の承認を経て就任。同日に新たな理事メンバーで理事長が互選されるが、貴乃花親方が新たに協会トップへ就任する可能性が出てきた。

 公益財団法人移行前を含めて4期連続で投票に持ち込まれた役員候補選が終わり、10人の理事候補が決まった。八角理事長や貴乃花親方ら現職6人が順調に当選し、新人の高島親方が6票で落選した。八角理事長は「評議員会で承認されるまで(理事に)決まっていない」と硬い表情だった。

 一門の枠を超える激しい選挙戦を終え、次の焦点は春場所後の理事長選だ。北の湖理事長が存命ならば異論もなく続投が決まったはずだが、今回はそうはいきそうもない。理事長の候補は本人以外からの推薦で挙がり、互選が行われる。10票を集めて当選した山響親方(元幕内・巌雄)は出羽海一門に所属するが、貴乃花親方に近いため理事長の互選ではV22の大横綱を推す可能性が高い。二所ノ関一門の両理事候補らが推すとみられる八角理事長との一騎打ちになる見通しだ。

 貴乃花親方は10年の理事選で所属していた二所ノ関一門を離脱して強行出馬して当選。以後、当選を続け前回(14年)の改選後は総合企画部長として執行部入りし、協会NO3の座にいる。若手親方衆の支持があり、世間の人気も高いが、この日は追いすがる報道陣を「ちょっと…」と手で制し、コメントはしなかった。

 八角理事長は執行部経験が長く、14年から協会NO2の事業部長に。昨年11月の北の湖前理事長の死去を受け理事長代行となり、同12月から理事長に。約4か月の任期で長期政権への足場固めをはかるが、28日の年寄総会では八角理事長の人事案に対し、貴乃花親方が反論するなど両者の間には早くも火花が散っている。

 今後は両者を除く8人の理事候補がどちらを支持するかに注目が集まる。協会幹部によると、山響親方を除く出羽海一門の3人は流動的で「“政権交代”の可能性は十分にある」と予測。現時点では接戦で、残り約2か月での駆け引きが今後を左右する。協会のかじ取りを任されるのは、どちらになるのか。
ーー
高島親方ぶ然 わずか6票落選「当選した人に聞いて」
スポニチアネックス 1月30日(土)7時1分配信

 わずか6票で落選した高島親方は報道陣に囲まれると「当選した人に聞いて」と言って険しい表情で引き揚げた。

 所属する伊勢ケ浜一門は11票しかない中で伊勢ケ浜親方と2人が出馬。一部では高島親方よりも伊勢ケ浜親方の方が票集めが厳しいとの声があった。しかし、フタを開けてみれば高島親方は見込んでいた票数より3票前後少なく10票を集めた伊勢ケ浜親方に“逆転”された形だ。
ーー
貴親方理事長へ追い風 新理事候補選“八角支持派”高島親方落選
スポニチ

 日本相撲協会の役員候補選挙が29日、東京・両国国技館で投票により行われ、定員10人に11人が立候補した理事候補で八角理事長(元横綱・北勝海)や貴乃花親方(元横綱)ら10人が当選し、高島親方(元関脇・高望山)が落選した。その一方で当落線上にいると予想された伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)と山響親方(元幕内・巌雄)がトップ当選。2人はともに“貴乃花派”とされるため、10人の新理事の互選で決まる理事長改選(3月28日)での貴乃花新理事長誕生の可能性が本格的に浮上してきた。

 この日の選挙の当選者は春場所千秋楽翌日の3月28日に開かれる評議員会の承認を経て新理事に就任する。さらに同日、新たな10人の理事メンバーで理事長を互選する運びだ。その新理事長の座をめぐって争うことが濃厚な八角理事長と貴乃花親方にとっては、今回の選挙では自らを支持する理事候補を1人でも増やしたいところだった。

 だが、結果は明暗を分けた。八角理事長にとっては2つの誤算が起きた。1つ目は同じ高砂一門の九重親方(元横綱・千代の富士)が票集めに難航し立候補を取りやめたこと。2つ目は当選すれば自らを支持する可能性が高かった高島親方が落選したことだ。理事長に就任した昨年12月以来、結束を固めた二所ノ関一門の2人は当選したが、理事長改選に向けて計算していた2人を失った。選挙後に理事長は「今の段階では何も言えない」と多くを語らなかった。

 一方の貴乃花親方には追い風が吹いた。当落線上と思われていた伊勢ケ浜親方と山響親方がともに最多の10票を得て当選。昨年急逝した北の湖前理事長に育てられた山響親方はその後継者に貴乃花親方が適任と判断。伊勢ケ浜親方は昨年12月の八角新理事長選出の際に「焦って決めても仕方ない」と疑問を投げかけていた。山響親方は所属する出羽海一門の票に加え、貴乃花親方を支持する超党派の若手から票が回ったとされる。伊勢ケ浜親方も一門内の支持者に加え、貴乃花親方を支持する勢力と歩調を合わせたことが功を奏した。関係者によると2人は理事長改選で貴乃花親方を支持する見込み。支持者獲得に成功した貴乃花親方は引き締まった表情で無言を貫いた。

 理事長改選へ、カギを握るのが4人当選した出羽海一門と1人当選した時津風一門だ。山響親方は出羽海一門の4人の意見がまとまるかどうか「(一門内で)まだその話はしてない」と説明。時津風一門総帥の鏡山親方は「みんなで決める。最後は多数決になるだろう」としたが、一門内には貴乃花親方を支持する若手親方も多いだけに、その動向が注目される。

 抜群のカリスマ性で協会をまとめた北の湖前理事長が急逝して2カ月。後継者争いは熾烈(しれつ)となった。そしてこれからの2カ月で、その適任者選びはさらに激しさを増すことになる。

 ▽理事長選出までの流れ 29日の理事候補選挙の当選者10人は、春場所千秋楽翌日の3月28日の評議員会で選任される。同日に新理事会が開かれ理事長を互選する。新体制での外部理事は同29日、各親方の新しい職務は同30日に決まる。
ーー
日刊スポーツ
八角理事長の続投が優勢、貴乃花親方を推す声も
[2016年1月30日6時22分]
 日本相撲協会は29日、東京・両国国技館で次の役員候補を決める選挙を行い、11人が立候補した理事候補は現職の八角理事長(元横綱北勝海)や貴乃花親方(元横綱)らが当選。高島親方(元関脇高望山)が落選して定数10人が出そろった。新理事は春場所後の評議員会を経て決定するが、焦点は理事長選の行方。現状では八角理事長の続投が優勢とみられるが、貴乃花親方を推す声も根強い。

 2時間近い選挙の末、新たな顔ぶれが出そろった。足早に出てきた八角理事長は「評議員会を経て決まることだから、今は何とも言えない」と話すにとどまった。真の決戦は3月28日の新理事会で実施する理事長の互選。ここから、現理事長と、改革を志す親方を中心に推す声が多い貴乃花親方との争いが本格化する。

 関係者によると、長期政権を目指す八角理事長と、貴乃花親方の溝は相当に深い。混戦が予想された今回は両者の思惑が絡み合い、激しい“綱引き”が行われた。「票」は、これまで以上に一門の垣根を越えた。
ーー
日刊スポーツ
 日本相撲協会の理事候補選挙が29日、東京・両国国技館で行われ、理事候補10人(立候補11人)、副理事候補3人(同4人)が決まった。99人の全親方による投票後に即日開票された。

 現職の鏡山親方(元関脇多賀竜)は「難しかったなあ、今回は…自分だってどうなるか分からなかった」と、刻一刻と情勢が変わる中で再選を果たして安堵(あんど)。副理事候補選で落選した同じ時津風一門の井筒親方(元関脇逆鉾)については「(一門の)長の力不足」と自責した。出羽海一門からは4人全員が初出馬で当選を果たし、昨年11月の北の湖前理事長(元横綱)の急逝後に部屋を継承した山響親方(元前頭巌雄)は「北の湖親方の遺言を守っていきたい。北の湖親方が命を懸けて作り上げた相撲協会。それを守りたい、その一心で立候補させてもらいましたので」と決意を述べた。
ーー
中日スポーツ
 “貴派”の勢力拡大が浮き彫りとなるとともに、春場所後に行われる理事長互選も八角理事長と貴乃花親方で拮抗(きっこう)してきた。
 注目すべきは“貴派”に集まった票数。貴乃花親方は9票だったが、貴乃花一門とタッグを組んで当選した山響親方が10票を獲得した。
 貴乃花親方の持ち票は一門の7票と、時津風一門からの4票。山響親方には貴乃花一門から2票が流れ、所属する出羽海一門の4票を足しても6票。ここまでは想定内だが、実際にはそれよりも4票多い10票。2人合わせて19票が集まった。ほかの一門、親方衆から賛同が集まったことを意味している。
 初出馬で初当選した山響親方は「北の湖親方の遺言、作り上げてきたものを守っていきたい。それだけです。北の湖親方が命を懸けて作り上げてきた相撲協会を守りたく、その思いだけで立候補させていただきました。北の湖親方の思いを貫き通したい」と語った。
 春場所千秋楽翌日の3月28日に行われる評議員会で選任され、同日の新理事会で理事長を互選することになるが、そこにも影響がありそうだ。
 理事長の互選でも貴乃花親方を推すことが確実な山響親方が当選し、八角理事長を推すとみられていた高島親方が落選した。五分五分の争いになるとみられる。
  (岸本隆)
ーー
東京新聞
 日本相撲協会は29日、任期満了に伴う役員候補選挙の投開票を東京・両国国技館で行い、理事候補に八角理事長(元横綱北勝海)や貴乃花理事(元横綱)ら10人が選ばれた。
 理事候補選には、定員10人に対し11人が立候補。春日野(元関脇栃乃和歌)境川(元小結両国)出羽海(元幕内小城ノ花)山響(元幕内巌雄)の4親方が初めて理事候補に選出された。高島親方(元関脇高望山)は落選した。
 副理事候補(定員3人)には、芝田山(元横綱大乃国)玉ノ井(元大関栃東)の現職の2親方のほか、初めて藤島親方(元大関武双山)が選ばれた。現職の井筒親方(元関脇逆鉾)は玉ノ井親方との決選投票の末、落選した。
 役員の任期は2年。当選者は、春場所千秋楽翌日の3月28日に予定されている評議員会の承認を経て就任し、同日中に理事の互選で理事長を選ぶ。同30日には各理事の職務を決める。
 初出馬だった高島親方が落選し、理事候補10人の顔ぶれが決まった。高島親方は八角親方を理事長に推していたとみられる。この結果、八角親方、貴乃花親方の2人による理事長の座をめぐる争いは、混迷を増す形となった。
 今回の選挙では、次の理事長にどちらを推すかで意見が分かれた一門があり、一門の枠を超えての票のやりとりも多かったようだ。高島親方の落選という結果などから、直前に出馬を取りやめた九重親方(元横綱千代の富士)を支持する票が、同じ高砂一門の八角親方を推す候補者に流れなかった可能性が高い。
 昨年11月に北の湖前理事長(元横綱)が急逝し、その後に八角親方が理事長に就任したが、その際、貴乃花親方を支持する理事らから不満の声が上がっていた。今回の選挙で貴乃花親方を推す勢力が巻き返しを図り、ある程度成功したと言えそうだ。
 当選した理事候補の顔ぶれからは、両親方のどちらが有利になったとは言い切れず、勢力は拮抗(きっこう)している。新理事長を選ぶ春場所後の会まで、つばぜり合いは続きそうだ。
 ただファンからすれば、協会内の権力争いは身内の騒動にすぎないと映るだろう。大関琴奨菊が初優勝した初場所の興奮に冷や水を浴びせかねない。
 絶対的なリーダーだった前理事長を失った今こそ、協会が一丸とならないといけない時期だ。新理事長が決まった後もしこりが残る決着だけは避けなければならない。 (平松功嗣)
ーー
時事
 絶対的なリーダーだった北の湖前理事長の急逝後、2カ月あまりで迎えた理事候補選。その弟子の山響親方(元幕内巌雄)が出馬するなどの動きはあったものの、多くは所属一門の支持を集めた候補が当選し、順当と言える結果に収まった。
 今後は、3月の春場所後に実施される改選理事による理事長互選に焦点が移る。代行から昇格していた八角理事長(元横綱北勝海)の続投か、若手親方らの後押しを受ける貴乃花理事(元横綱)がトップに立つのか。
 八角理事長は就任と同時に、ナンバー2の事業部長に尾車親方(元大関琴風)を就けた。今回決まった理事候補は、尾車親方が所属する二所ノ関一門をはじめ、新顔ばかりがそろった出羽海一門の大半も、八角理事長を推すとみられている。「公明正大」「私利私欲なく」を合言葉にスタートさせた協会運営は、ある程度の評価も得た。
 貴乃花理事は一部の中堅、若手親方から絶大な人気がある。大横綱として空前の相撲ブームを巻き起こし、現役時代の実績と知名度は抜群。ただ、執行部での経験が浅いだけでなく、一本気過ぎる性格が実務の足かせになるのでは、という見方も出ている。賛同者を増やすには、明確な公約を掲げられるかどうかに懸かっている。(2016/01/29-20:27)
ーー
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00314944.html
今回の結果を受けて、相撲ジャーナリストの大見信昭氏は、理事長選への影響について、「これから(最大勢力となった)出羽海一門を中心に動いていくのかな、という感じが強く出た選挙結果。(理事長は)現状のままいく可能性の方が高い。八角理事長の続投で。貴乃花親方が、はたして、立候補するだけの自分の足元を固められるかどうかが、大きなポイント」と話した。
また、北の湖前理事長が遺言で、貴乃花親方を新理事長に推していたという話が流れるなど、さまざまな思惑が交錯している。
ーー
毎日新聞
 2010年から4期連続となった選挙戦は、99人の全親方が投票した。持ち票では1人しか当選できない伊勢ケ浜一門からは、現職の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)と新顔の高島親方が立候補。他の一門からの協力が不可欠だった中で伊勢ケ浜親方は10票を得たが、高島親方は6票にとどまった。

 出羽海一門からは初出馬の4親方が全員当選した。昨年11月の九州場所中に死去した北の湖前理事長(元横綱)から部屋を継承した山響親方(元前頭・巌雄)は「北の湖親方の思いを貫きたいだけだ」と語った。春日野親方(元関脇・栃乃和歌)は「4人出したのは一門の総意。うまく(票を)振り分けたと思う」と述べた。
ーー

2016年1月27日 (水)

shin2さんのコメント

 

日刊ゲンダイは、「安倍首相と白鵬大嫌い新聞」として認識していたが、ここまで詳細に記事を書いていることに正直驚いている。

 

NHKの地上波のメイン解説十三日目は貴乃花親方と、NHKのサイトに場所前には明記されていた。

ところが場所中に(おそらく中日ぐらい)急に尾車親方に変更となった。

尾車親方は「八角派」の中心人物であり、八角親方が理事長に就任後、ナンバー2の事業部長に指名された。北の湖理事長時代、ナンバー3だった貴乃花親方を序列で抜いたことになる。

八角理事長の「人事異動」は、理事選前から始まっている。「反八角派」=「パチンコ派」はどのような反撃に出るのか。

十四日目琴奨菊が栃煌山に勝った時点で、白鵬は一敗で優勝決定戦の可能性もあった。

ただ「十年ぶりの日本人優勝が懸かった大関vs35回優勝のモンゴル人横綱」となれば、白鵬にとっては最悪のアウェイ状態だ。

十四日目の稀勢の里戦、白鵬は立ち合い一歩も踏み込んでいない。勝手な妄想だが、白鵬は優勝を放棄してしまったのではないか。

 

白鵬、千秋楽の日馬富士戦もヒドい内容だった。巡業の取組のほうが気合いが入ってるくらいだった。

 

白鵬が貴乃花親方が心酔する宗教団体の豆まきに参加する。

 

>>http://www.ryujinsogusha.or.jp/%E5%B9%B3%E6%88%90%EF%BC%92%EF%BC%98%E5%B9%B4%E7%AF%80%E5%88%86%E7%A5%AD%E3%81%8A%E5%BE%97%E6%83%85%E5%A0%B1/

どうやら「貴乃花親方→理事長昇格→白鵬、モンゴル国籍のまま一代年寄に」という計画のようだが、今度の理事選、どんな結果が出るか。

 

 

2016年1月23日 (土)

14日目、稀勢の里の立合いの当たりに、白鵬土俵下まで飛ばされる(羽黒蛇)

14日目、稀勢の里の立合いの当たりに、白鵬土俵下まで飛ばされる(羽黒蛇)

 

歴史的な一番を見た気持ち。国技館で観戦。

白鵬が立合いの当たりで負ける相撲は日馬富士以外は記憶にないが、稀勢の里の当たりに土俵下まで飛ばされただけでなく、尻もちをついた感じ。

大鵬は押し相撲に取りこぼしがあり、柏戸の立合いからの一気の攻めに負けていた。映像で繰り返し映るのが、45連勝始まる前に栃東に負けた相撲、戸田に負けた相撲。白鵬はこういう負け方がほとんどなかった。

北の湖は、魁傑の突っ張りに負けた優勝決定戦、朝潮に何回か負けた相撲、尻もちをついた感じ。白鵬はこういう負け方がほとんどなかった。

負け方の印象で、白鵬は、大鵬よりも、北の湖よりも、強い横綱と感じていたが、それを稀勢の里が打ち砕いた。

 

白鵬が琴奨菊に安易な張り手で先手をとれず一方的に負けたのが11日目。12日目豪栄道、13日目鶴竜の二番も立合いは悪かった。今日の稀勢の里との一番も悪かった。鋭さがない。

 

白鵬は大鵬の優勝記録を更新してから目標を失い、相撲に勝つという執念が足りないという批判をする相撲ファンは多い。

一方、勝つ執念を見せると、横綱は張り手をすべきでないとか、横綱はかち上げをすべきでないとか、横綱は立合いで駆け引きをすべきでないと、批判される。

白鵬が立合い踏み込めず稀勢の里に吹っ飛ばされると、やる気がないと批判される。

白鵬はどんな立合いをしても批判されるのである。

 

日馬富士の必殺技は、左変化で上手をとりにいくスピード相撲。この立合いで負けたことを私は一度しか見たことがない。しかし、必殺技であるが故に頻繁には見せない。

白鵬の勝つ執念の立合いも同じで、頻繁には見せない。琴奨菊との優勝決定戦なら見せる可能性は高い。今日の稀勢の里戦は、そこまでではなかったと解釈できる。

 

勝利へ執念深い立合いを封印した白鵬が稀勢の里に立ち向い、対する稀勢の里がいい相撲をとると、大差で稀勢の里が勝てる。

 

私は大相撲は江戸時代に帰る方がよいと思う。

谷風も雷電も優勝回数をかぞえて相撲をとっていなかった。江戸時代には優勝制度がなかった。雷電は谷風の優勝回数を超えたか超えないか分からなかったから、超えたとして、超える前と同じ気持ちで相撲をとった。自分の相撲をお客に見せることだけを考えて。

白鵬も江戸時代なら、大鵬の優勝回数を超えたことを知ることもなく、達成感もない代わりに、記録を超えてやる気を失うこともなかった。

記録は相撲を楽しむ大きな要因ではあるが、記録があるから、つまらない相撲が増えることを知る。

 

もし今場所豊ノ島が優勝すると、12日間弱い対戦相手、3日間は白鵬・琴奨菊と同等の対戦相手。

バラエティ系のクイズ番組では、一番最後のクイズで大きな点数が与えられ、一問だけ正解した回答者が1勝(残り全敗)で勝つというルール(お約束ごと)がある。この手の番組を見る人は、クイズ競技としてではなく、遊びとして見ている。

同様に、大相撲の幕内優勝は、一番価値ある勝者(吉葉山・稀勢の里)ではなく、幕内下位(時津山・旭天鵬)を優勝の資格を与える。バラエティクイズのように勝ち星の遊びをしているだけ。

 

先場所の白鵬は14日目に照ノ富士にわざと負けた、とこのブログに書いた。

陰謀史観の立場で相撲を見ると、先場所の白鵬は、日馬富士に優勝を譲り、全力を出さなかった。

11日目白鵬が負けたのを見て、「琴奨菊の大事な場所で、白鵬は琴奨菊に負ける(羽黒蛇)

琴奨菊が大関を目指す場所で白鵬に勝った時に、白鵬は相撲協会全体の盛り上がりを考えて手を抜いたと感じたことを、100敗同士の横綱大関の注目の対戦の前に思い出した。走馬灯のように。」とツイートした。

今日の相撲観戦の後、相撲ファン5人と会食したが、「ちまたでは、白鵬が空気を読んで全力を出さない、と言われている」

 

私は白鵬は、精神力・気持ちを論じるより、単に相撲が弱くなったのだと思う。

それを証明したのが、稀勢の里に圧倒された今日の一番。

 

明日白鵬が優勝しても、殊勲賞は、琴奨菊に勝った豊ノ島。大関一人を倒して殊勲賞。大関に勝った関脇以下の力士に殊勲賞を受賞させるべき。

 

明日琴奨菊が優勝すると栃東以来の日本人の優勝。外国人が優勝し続けると相撲人気は衰えるのか、外国人が優勝し続けても相撲人気は衰えないのか、という点に興味津々だったので、残念である。

 

羽黒蛇

2016年1月20日 (水)

北の湖は相撲協会史上最低の理事長(羽黒蛇)

北の湖は日本相撲協会史上最低の理事長(羽黒蛇)

 

1月場所前に、真石博之氏がかかれた一文を引用します。

北の湖親方が九州場所中に亡くなりました。文句なしに強かった現役時代に加え、気配りと情のある理事長との賛辞ばかりが聞かれます。しかし、芳しからざる人物(羽黒蛇注:小林慶彦顧問)を協会に入りこませてしまった罪は重大です。」

 

北の湖理事長は、相撲協会史上最低の理事長である。

 

会計の不正は公益法人の資格を失いかねない。北の湖は小林を顧問として雇用し、小林に不正を許していた。

 

八角理事長は、「力士も文化ですし、国技館も文化です。いまあるものは先輩たちが築かれたものです。たまたま私が理事長として預かっているだけで、そのまま次の人に伝えていきたいのです」と語っている。

北の湖理事長は、先輩が築いた相撲協会を、小林顧問が食い物にしたのを許し、責任をとって辞任すべきだったのに、辞任する前に死亡した。羽黒蛇

 

 

 

 

 

 

 

 

以下、日刊ゲンダイの記事を要約して引用します。羽黒蛇


「協会を破産させるような勢力とは断固、戦うつもりだ」

日本相撲協会が仕事始めを迎えた去る5日、八角理事長は全職員を前に強い口調でこう言ったという。

14年度の収支決算は赤字に転落した。

八角理事長はこの原因をカネの無駄遣いに限らず、不透明なカネにあるとみている。

 

「協会を破産させるような勢力」とは、すなわち裏金をカバンにしまいながら「返したから問題ない」と開き直る裏金顧問以下の一大勢力に他ならない。

北の湖前理事長の右腕といわれた裏金顧問は裏金をいったん、自分のフトコロにしまい込んだ

 

北の湖理事長右腕顧問は、ひょっとしたら協会に入るべきものまで事前に抜いている可能性だってある。おまけに幹部連中までそんな裏金顧問に懐柔されているのだとすれば、理事長が「断固として戦う」と語気を強めたのも納得だ。

 

八角理事長の理事長就任自体は満場一致なのに、宗像外部理事や神山監事らは理事会後、「満場一致ではない」「代行でも権限は変わらない。いま決める必要はない」などと発言したが、「八角理事長の足を引っ張りたい裏金顧問一派の情報操作

理事長を決めるときは貴乃花すら反対を唱えず、全会一致で八角理事長が選ばれた。

なのに宗像理事と神山監事は正式な理事長を置くかどうかの採決を、さも八角理事長の信任投票だったかのごとく口外した。

八角理事長が信頼されていないかのように、議論をすり替えた

 

ある親方の発言として

裏金顧問に籠絡されて正式な理事長を置くことに反対したのは貴乃花、千賀ノ浦、伊勢ケ浜、宗像、徳川の5理事。それ以外の尾車、鏡山、二所ノ関、出来山、友綱、海老沢の6理事は理事長を置くべきと主張した

 

裏金顧問一派のやりたい放題はカネの問題にとどまらない。八角理事長は仕事始めの5日、訓示以外にも異例ともいうべきことを行っている。

「職員が安心して業務に取り組めるよう、協会内に盗聴器が仕掛けられてないかどうか、業者に調べさせたのです」

 

裏金顧問は北の湖体制下で、かなりの恐怖政治を敷いた。顧問に歯向かってクビにされた職員や親方は一人や二人じゃありません。

顧問の経費の使い方について、正論を吐いた人まで飛ばした。

いつしか裏金顧問が協会内部に盗聴器を仕掛けているというウワサが広まって、職員は協会内でうかつに話もできない状態だったのです。

つまり盗聴器検査をしなければならないほど内部の空気はすさんでいた

 

裏金に恐怖政治――。仮にも税制上の優遇措置を受けている団体でこんなメチャクチャがまかり通っていたのだから、とんでもない話なのだ。

羽黒蛇補足:相撲協会は公益法人で税制上の優遇措置を受けている。不正経理があれば公益法人の資格を失うかもしれない。

 


 
貴乃花親方と裏金顧問を結び付けているものは利害の一致だ。顧問にすれば、八角体制のままでは自分が相撲協会を追放されるのは時間の問題。貴乃花親方にしても、今すぐにでも八角理事長を押しのけて自分がトップに立ちたい。そのためには、顧問の持つカネと知恵が必要なのだろう。

相撲協会は公益財団法人、税制上の優遇措置を受けている団体だ。そのカネに関してナーバスであるべき組織の顧問が、パチンコメーカーとの契約で裏金を受け取りながら「返したから問題ない」との屁理屈で逃げ切り、いまも協会内部で暗然と権力を振るっている

 

八角新理事長(52=元横綱北勝海)が5日の仕事始めに「協会を破産させる勢力と戦う」と訓示したのは、勢力を拡大する裏金顧問一派と戦うという強い意思表示ではないのか。昨18日の懇話会で八角理事長に話を聞いた。

以下、八角理事長インタビューを引用します。

 

八角理事長「大相撲を100年後も、この体制のまま残したいという思いからです。国技館も含めたこの財産を、次の世代の人たちに残していきたい。力士も文化ですし、国技館も文化です。そのひとつひとつを次の人たちに残していきたい。いまあるものは先輩たちが築かれたものです。たまたま私が理事長として預かっているだけで、そのまま次の人に伝えていきたいのです」

 

――顧問の正式な肩書はいま、どうなってるんでしょう。

八角理事長「危機管理顧問でしたけれども、11月の理事会の時に、北の湖理事長がですね、もう少し、名前に重しを付けたいと。いろいろな……職員といいますかね……理事長が言ってるわけではないんですけれども、外部(理事)の人たちが事務局長にとか、そんな話が出ました。結局、北の湖理事長一任ということで、肩書については終わってるんです」

 

日刊ゲンダイより

問題の顧問は北の湖前理事長の右腕といわれた人物。前理事長の威光をかさに協会内で恐怖政治を敷き、貴乃花理事(43=元横綱)をはじめ、危機管理委員会委員長で外部理事の宗像紀夫氏(74=元名古屋高検検事長)らまで懐柔しているといわれる。

だからこそ「(裏金を)返したから問題ない」という結論に達したし、裏金顧問を「外部の人たちが事務局長に」との話も出たようなのだ。

 

――いまは協会の顧問で、正式な協会員ではないと。

八角理事長

「う~ん、その辺も含めてですね、話し合わなければならない。今後についてです」

 

――公益財団法人は税制上の優遇措置を受けていますから、おカネの使い方にナーバスであるべき。それゆえ理事長も訓示された、これからもそういうことについてはシビアに

八角理事長「もちろんです。公益財団法人である以上、公明正大に。何も後ろ指をさされることなくやっていきたいと思います」

 

――顧問も含めて、八角理事長の目指す公明正大な部分に反旗を翻したり、邪魔だと思うか。

八角理事長「これは話し合いですから。顧問も協会を良くしようと思ってやっていることですから。その辺はよく話し合わなければならないと思ってます。そのうえで協会が良くなればいいなと思っております」

 

日刊ゲンダイより

小林顧問は「事情があって出勤していない」

 

要約引用終わり、全文を読みたい方はこちらをクリック http://hagurohebi6.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-3f27.html

日刊ゲンダイ記事、小林顧問の件、資料として引用

 

日刊ゲンダイ記事、小林顧問の件、資料として引用

 

 

 

八角理事長が号令 ついに始まった相撲協会“大掃除”の標的

 

2016115

 

 

 

「協会を破産させるような勢力とは断固、戦うつもりだ」

 

 

 

 日本相撲協会が仕事始めを迎えた去る5日、八角理事長は全職員を前に強い口調でこう言ったという。

 

 

 

 ほとんどの場所で「満員御礼」。相撲界はいまバブル期を迎えているといっても過言ではないのに、14年度の収支決算は赤字に転落した。

 

 

 

 八角理事長はこの原因をカネの無駄遣いに限らず、不透明なカネにあるとみているのだ。

 

 

 

「協会を破産させるような勢力」とは、すなわち裏金をカバンにしまいながら「返したから問題ない」と開き直る裏金顧問以下の一大勢力に他ならない。

 

 

 

 北の湖前理事長の掲げた「土俵の充実」という遺志は継いでも、その右腕といわれた裏金顧問に対しては不信感を抱いている。くだんの顧問は裏金をいったん、自分のフトコロにしまい込んだくらいだから、ひょっとしたら協会に入るべきものまで事前に抜いている可能性だってある。おまけに幹部連中までそんな裏金顧問に懐柔されているのだとすれば、理事長が「断固として戦う」と語気を強めたのも納得だ。

 

 

 

■議論をすり替えた2人の理事

 

 

 

 そんな八角理事長の不信感をさらに増幅させる事件が、実は昨年12月18日、協会内の理事会後に起きていた。

 

 

 

 理事会では11月の九州場所中に急逝した北の湖前理事長の後任に八角理事長を選出。八角理事長を除く理事11人による採決を行い、6対5で辛くも理事長就任が信任されたかのように報じられている。スポーツ紙もこぞって「八角新理事長 波乱の船出」と書きたてた。

 

 

 

 宗像外部理事や神山監事らは理事会後、「満場一致ではない」「代行でも権限は変わらない。いま決める必要はない」などと発言したが、「八角理事長の足を引っ張りたい裏金顧問一派の情報操作ですよ。

 

八角理事長の理事長就任自体は満場一致でしたから」と、さる親方がこう続ける。

 

 

 

「理事会での採決はあくまで正式な理事長を決める必要があるかどうかであって、八角理事長の選出とはまったく別の議論だった。

 

貴乃花親方を次期理事長に担ぎたい裏金顧問一派は既定路線を敷かれては都合が悪い。八角理事長を代行のままにしておくのがベストなので、理事5人が正式な理事長を置くことに強硬に反対した。

 

けれども、初場所には天覧相撲もあり、陛下の横の指南役が代行ではマズいという6理事が勝り、正式な理事長を決めることになった。

 

そこで初めてだれを理事長にするかという議論になり、互選で八角理事長に決まった。このときは貴乃花すら反対を唱えず、全会一致で八角理事長が選ばれた。

 

なのに宗像理事と神山監事は正式な理事長を置くかどうかの採決を、さも八角理事長の信任投票だったかのごとく口外した。

 

八角理事長が信頼されていないかのように、議論をすり替えたのです」

 

 

 

 この親方によれば「裏金顧問に籠絡されて正式な理事長を置くことに反対したのは貴乃花、千賀ノ浦、伊勢ケ浜、宗像、徳川の5理事。それ以外の尾車、鏡山、二所ノ関、出来山、友綱、海老沢の6理事は理事長を置くべきと主張した」そうだ。

 

 

 

■協会内を盗聴器検査まで

 

 

 

 裏金顧問一派のやりたい放題はカネの問題にとどまらない。八角理事長は仕事始めの5日、訓示以外にも異例ともいうべきことを行っている。

 

 

 

「職員が安心して業務に取り組めるよう、協会内に盗聴器が仕掛けられてないかどうか、業者に調べさせたのです」と、前出の親方が「盗聴器検査」の背景をこう解説してくれた。

 

 

 

「裏金顧問は北の湖体制下で、かなりの恐怖政治を敷いた。顧問に歯向かってクビにされた職員や親方は一人や二人じゃありません。

 

顧問の経費の使い方について、正論を吐いた人まで飛ばした。

 

いつしか裏金顧問が協会内部に盗聴器を仕掛けているというウワサが広まって、職員は協会内でうかつに話もできない状態だったのです。

 

つまり盗聴器検査をしなければならないほど内部の空気はすさんでいた」

 

 

 

 裏金に恐怖政治――。仮にも税制上の優遇措置を受けている団体でこんなメチャクチャがまかり通っていたのだから、とんでもない話なのだ。

 

 

 

 さて、八角理事長の号令でスタートした協会内部の大掃除に恐れをなしたのか、「裏金顧問は最近、協会に姿を見せない。さすがに旗色が悪いことを悟ったのか、理事候補選が終わるまで休暇を取ったなんてウワサもある」(別の親方)という。

 

 

 

ーーー

 

現体制の悪口を吹聴…協会転覆を企てる貴乃花親方の野望

 

2016114

 

 

 

正統派力士の面影もなく(C)日刊ゲンダイ

 

 初日から満員御礼が続いている大相撲1月場所だが、親方衆のほとんどは土俵に目を向けていない。彼らが視線を定めているのは、今月末に行われる理事候補選挙。前回14年度の選挙では協会ナンバー2だった九重親方(元横綱千代の富士)が落選する波乱があったばかり。今回、話題の中心となっているのが貴乃花理事(43=元横綱)だ。

 

 

 

 10年度の選挙で二所ノ関一門を離脱し、理事選に出馬。周囲の妨害をはねのけ、歴代2位の若さ(当時37歳)で理事に就任した。当時は角界の常識を打ち破った「革命児」ともてはやされたものの、今の貴乃花親方が抱いているのはドス黒い野望に過ぎない。

 

 

 

「故・北の湖理事長の側近だった裏金顧問とグルになって、現体制をひっくり返そうとしているのです」と、ある親方が言う。

 

 

 

「裏金顧問が中心になって八角理事長(元横綱北勝海)にとってマイナスになるウワサをあちこちで吹聴している。

 

八角さんの後援者は数々の汚職に関与した政治家の鈴木宗男だとか、結婚式の媒酌人は暴力団とも付き合いの深かった元ハンナン会長の浅田満だとか。

 

揚げ句、理事長は自分を支持する一門の票を買い漁っているなんてデマまで流している。そうやって仲間割れをもくろんでいるのでしょう。週刊誌を使うという話もあるほど。自分が理事長になるために、なりふり構っていない印象です」

 

 

 

 貴乃花親方と裏金顧問、この両者を結び付けているものは利害の一致だ。顧問にすれば、八角体制のままでは自分が相撲協会を追放されるのは時間の問題。だからこそ、邪魔者を退けたい。貴乃花親方にしても、今すぐにでも八角理事長を押しのけて自分がトップに立ちたい。そのためには、顧問の持つカネと知恵が必要だということだろう。

 

 

 

「もっとも、票を派手に買い漁っているのは貴乃花一派と裏金顧問の方だろう」(前出の親方)

 

 

 

 貴乃花親方が理事長になれば、相撲協会の破滅は待ったなしだ。

 

ーーー

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160120-00000009-nkgendai-spo

 

 

 

噂の“裏金顧問”とどう対峙? 相撲協会八角理事長に聞いた

 

日刊ゲンダイ 120()926分配信

 

 

 

 相撲協会は公益財団法人、税制上の優遇措置を受けている団体だ。そのカネに関してナーバスであるべき組織の顧問が、パチンコメーカーとの契約で裏金を受け取りながら「返したから問題ない」との屁理屈で逃げ切り、いまも協会内部で暗然と権力を振るっているという。八角新理事長(52=元横綱北勝海)が5日の仕事始めに「協会を破産させる勢力と戦う」と訓示したのは、勢力を拡大する裏金顧問一派と戦うという強い意思表示ではないのか。昨18日の懇話会で八角理事長に話を聞いた。

 

 

 

――仕事始めの訓示で、14年度、赤字に転落した協会の財政面について、財産を守っていくのが大切だと話した真意を聞かせてください。

 

 

 

「大相撲を100年後も、この体制のまま残したいという思いからです。国技館も含めたこの財産を、次の世代の人たちに残していきたい。力士も文化ですし、国技館も文化です。そのひとつひとつを次の人たちに残していきたい。いまあるものは先輩たちが築かれたものです。たまたま私が理事長として預かっているだけで、そのまま次の人に伝えていきたいのです」

 

 

 

――満員御礼が続いているのに赤字になるのはどこに問題があるとお考えですか。

 

 

 

「節約していくところは節約していくということですね。力士や、これから入ってくる力士のためには、言葉は悪いけれども、ケチってはいけないと思うんです。ですからいろいろな無駄遣いをなくしていくということ。国技館が30年経って、直していますけれども、まだ使えるところは使うし、電気配線とかそういうところは直していかなければなりませんから。ですから何でもかんでもストップするということではない。そうしてしまうと文化的にもよくない。例えば相撲協会が後援している子供たちのわんぱく相撲とか、そういうのは経費を抑えて続けてもらうとか。要はバランスです。使うべきところは使うけれども、無駄は極力省く? そういうことです」

 

 

 

■顧問は「事情があって出勤していない」

 

 

 

 4年前、顧問がいったん懐に入れたのは裏金だ。流出した動画には顧問が北の湖には内緒だゾとクギを刺すシーンまでハッキリと映っている。本来なら協会に入るべきものまで抜いているとすれば、「財産を守りたい」という理事長の意思に反するし、他にも疑惑があるからこそ理事長も異例の訓示をしたのではないか。

 

 

 

――裏金をもらいながら返したから問題ないだろうという理屈がまかり通る協会の体質に関してはどうお考えですか。

 

 

 

「理事会でそういう問題が審議され、また理事会で事情聴取、危機管理委員会の委員長である宗像氏が調査しまして、その結果を理事会に提出、理事会で承認されたわけですから、協会としましてはもう、その話は終わったのかなと」

 

 

 

――ひとつ疑惑のある人が、他にも、例えば電気工事に関しても似たようなことをやってるんじゃないかとか、カネの流れや使途を改めて調査するお考えはありませんか。

 

 

 

「問題があれば、分かれば、当然、調査しなければならないと思います」

 

 

 

――顧問の正式な肩書はいま、どうなってるんでしょう。

 

 

 

「危機管理顧問でしたけれども、11月の理事会の時に、北の湖理事長がですね、もう少し、名前に重しを付けたいと。いろいろな……職員といいますかね……理事長が言ってるわけではないんですけれども、外部(理事)の人たちが事務局長にとか、そんな話が出ました。結局、北の湖理事長一任ということで、肩書については終わってるんです」

 

 

 

 問題の顧問は北の湖前理事長の右腕といわれた人物。前理事長の威光をかさに協会内で恐怖政治を敷き、貴乃花理事(43=元横綱)をはじめ、危機管理委員会委員長で外部理事の宗像紀夫氏(74=元名古屋高検検事長)らまで懐柔しているといわれる。だからこそ「返したから問題ない」という結論に達したし、裏金顧問を「外部の人たちが事務局長に」との話も出たようなのだ。

 

 

 

――ということは現時点で顧問の肩書は変わっていないと。

 

 

 

「まあ、そういうことですね。いま、ちょっと事情があって出社、出勤していないものですから。私がちゃんと話をしなければならないところなんですけれども。出勤したら、また話し合うつもりです。今後についてですね。肩書等……」

 

 

 

――いまは協会の顧問で、正式な協会員ではないと。

 

 

 

「う~ん、その辺も含めてですね、話し合わなければならない。今後についてです」

 

 

 

――公益財団法人は税制上の優遇措置を受けていますから、おカネの使い方についてはなおさらナーバスであるべき。それゆえ理事長も訓示されたと思うのですが、これからもそういうことについてはシビアに……。

 

 

 

「もちろんです。公益財団法人である以上、公明正大に。何も後ろ指をさされることなくやっていきたいと思います」

 

 

 

――顧問も含めて、八角理事長の目指す公明正大な部分に反旗を翻したり、邪魔だと思われたりすることはありませんか。

 

 

 

「これは話し合いですから。顧問も協会を良くしようと思ってやっていることですから。その辺はよく話し合わなければならないと思ってます。そのうえで協会が良くなればいいなと思っております」

 

 

 

引用終わり

 

2016年1月17日 (日)

極めて珍しい、琴奨菊が立合い変化されても勝つ、6日目松鳳山戦(羽黒蛇)

極めて珍しい、琴奨菊が立合い変化されても勝つ、6日目松鳳山戦(羽黒蛇)

 

照ノ富士が大関初挑戦の場所の初日に琴奨菊と対戦し、立合い変化で一瞬の勝利。平成26年の9月場所。変化を批判された照ノ富士が、「変化すれば勝てると分かっているのに、」と不満そうだった印象あり。「楽に一つ勝つより自分の相撲をとって負けてもよい」と指導されたと想像する。

琴奨菊の若い頃の相撲まで明確に覚えていないが、少なくとも三役に定着して、大関を目指す頃から、立合いに変化されて、相手についていった相撲を見た記憶が私にはない。ついていくどころか、ものの見事に前のめりに手をついて負ける。

琴奨菊と対戦する力士が変化しないのは、勝つ可能性を減らし、負ける可能性を増やすから、八百長ではないか、とさえ思っていた。

 

珍しく、6日目、松鳳山に変化されても、ついていき一気に勝った琴奨菊。

松鳳山の変化が中途半端だったのか、調子のよい琴奨菊が相手を見て相撲がとれているのか、複合要因であの相撲になった。

極めて珍しい。

 

私は相撲観戦する時、立合い変化があると、

WW 変化した方が一瞬で勝つ

W  変化だけでは決まらなかったが、相撲をとってから、変化した方が勝つ

L  変化だけでは勝てず、相撲をとってから、変化した方が負ける。

LL 変化した方が一気に負ける。

通常はWWとWの合計(変化した方が勝つの)が7割から8割、LLは珍しい。

 

6日目の松鳳山、7日目十両最後の一番(青狼がLL、勝ったのは大翔丸)、8日目、インフルエンザから復帰の安美錦がLL(勝ったのは碧山、安美錦は宙に飛んで手をつく)。

LLが多いのは、相撲内容がよいと評価したい。

 

WWを減らすには、立合いで相手を見て立たなくてならない。相手を見ないでぶつかってくる相撲道に反する力士には、どんどん変化して、負けさせて、反省させて、相撲道にのっとった立合いを身につけさせる必要がある。ただ相手を見るだけではだめで、腰を割って立つのが肝要。

 

読者からの質問「初日の取り直しは、年齢的に体力のない安美錦が立ち会い変化に出てくるのは、ど素人でも予測できたのに、まともに突っ込んで負けるのは、稀勢の里は頭が悪いのか???」

羽黒蛇回答:稀勢の里は当然安美錦が変化してくると予測していたと思います。しかし、相手が変化した場合の対処方法を稽古していないので、体が勝手に動いて前に出たのだと想像します。突っ込まないで、相手の立合いを見ることを、稽古と本場所の両方で励行する必要があると、初日の稀勢の里を見て感じました。

 

羽黒蛇

2016年1月15日 (金)

読者より質問、協会規定のまわしの色を守っているのは何割か(羽黒蛇)

読者より質問、協会規定のまわしの色を守っているのは何割か(羽黒蛇)

 

最近の新十両はあざやかな色のまわしが多く、協会規定を守っていない。旭大星・大栄翔・阿武咲・輝・御嶽海・幕下に落ちたが阿炎。

今場所の新十両千代翔馬は黒で伝統的なまわしの色である。正代も黒。

 

協会規定は、なす紺、と記憶しているが、紺だけに限定すると、ほとんどの力士が守っていないので、それぞれの相撲ファンが、どの色までを規定以内と判断するかはお任せして、次の色の順にリストを作りました。紺・黒・紫・青・規定に反している度合が強い色を下位に並べた。

二人休場でまわしの色が分からないので、幕内十両で68人。

紺は6人で、上位9%

紺・黒で、17人、25%

紺・黒・紫で、29人、43%

紺・黒・紫・青で、38人、56%

規定の紺とは正反対の赤・オレンジ・クリーム色の合計は9人、13%

以前の松鳳山は黄色(金色)だったが今場所は黄色はいない。

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       
 

 
 

0.01

 
 

鶴竜

 
 

 
 

0.03

 
 

稀勢の里

 
 

 
 

0.04

 
 

 
 

 
 

0.06

 
 

安美錦

 
 

 
 

0.07

 
 

妙義龍

 
 

 
 

0.09

 
 

青狼

 
 

 
 

0.10

 
 

日馬富士

 
 

 
 

0.12

 
 

照ノ富士

 
 

 
 

0.13

 
 

逸ノ城

 
 

 
 

0.15

 
 

臥牙丸

 
 

 
 

0.16

 
 

千代鳳

 
 

 
 

0.18

 
 

正代

 
 

 
 

0.19

 
 

英乃海

 
 

 
 

0.21

 
 

錦木

 
 

 
 

0.22

 
 

里山

 
 

 
 

0.24

 
 

千代翔馬

 
 

 
 

0.25

 
 

千代の国

 
 

 
 

0.26

 
 

栃煌山

 
 

 
 

0.28

 
 

松鳳山

 
 

 
 

0.29

 
 

魁聖

 
 

 
 

0.31

 
 

蒼国来

 
 

 
 

0.32

 
 

徳勝龍

 
 

 
 

0.34

 
 

豪風

 
 

 
 

0.35

 
 

富士東

 
 

 
 

0.37

 
 

佐田の富士

 
 

 
 

0.38

 
 

明瀬山

 
 

 
 

0.40

 
 

千代皇

 
 

 
 

0.41

 
 

天風

 
 

 
 

0.43

 
 

出羽疾風

 
 

 
 

0.44

 
 

琴奨菊

 
 

 
 

0.46

 
 

豪栄道

 
 

 
 

0.47

 
 

碧山

 
 

 
 

0.49

 
 

旭秀鵬

 
 

 
 

0.50

 
 

玉鷲

 
 

 
 

0.51

 
 

阿夢露

 
 

 
 

0.53

 
 

常幸龍

 
 

 
 

0.54

 
 

北磻磨

 
 

 
 

0.56

 
 

朝弁慶

 
 

茶色

 
 

0.57

 
 

白鵬

 
 

灰色

 
 

0.59

 
 

栃ノ心

 
 

灰色

 
 

0.60

 
 

豊ノ島

 
 

灰色

 
 

0.62

 
 

貴ノ岩

 
 

灰色

 
 

0.63

 
 

豊響

 
 

灰色

 
 

0.65

 
 

荒鷲

 
 

灰色

 
 

0.66

 
 

天鎧鵬

 
 

灰色

 
 

0.68

 
 

東龍

 
 

みどり

 
 

0.69

 
 

嘉風

 
 

みどり

 
 

0.71

 
 

隠岐の海

 
 

みどり

 
 

0.72

 
 

高安

 
 

みどり

 
 

0.74

 
 

佐田の海

 
 

みどり

 
 

0.75

 
 

千代大龍

 
 

みどり

 
 

0.76

 
 

誉富士

 
 

みどり

 
 

0.78

 
 

北太樹

 
 

みどり

 
 

0.79

 
 

鏡桜

 
 

みどり

 
 

0.81

 
 

大翔丸

 
 

みどり

 
 

0.82

 
 

石浦

 
 

みどり

 
 

0.84

 
 

旭日松

 
 

水色

 
 

0.85

 
 

琴勇輝

 
 

水色

 
 

0.87

 
 

阿武咲

 
 

 
 

0.88

 
 

宝富士

 
 

 
 

0.90

 
 

御嶽海

 
 

 
 

0.91

 
 

遠藤

 
 

 
 

0.93

 
 

大栄翔

 
 

 
 

0.94

 
 

千代丸

 
 

 
 

0.96

 
 

朝赤龍

 
 

 
 

0.97

 
 

剣翔

 
 

オレンジ

 
 

0.99

 
 

旭大星

 
 

クリーム色

 
 

1.00

 
 

 

 

羽黒蛇

2016年1月14日 (木)

幕下以下力士、下がりの色、国技館観戦で調べました(羽黒蛇)

 

幕下以下力士、下がりの色、国技館観戦で調べました(羽黒蛇)

 

 

 

昨年9月場所で幕下以下力士の下がりの色に興味を持ちメモしてブログに載せました。9月は全員の色はメモできなかったので今場所挑戦しました。善は急げと、初日・二日目の二連休に、序ノ口から観戦。

 

 

 

色の分類に迷った時は次の通り分類しました。

 

1.明確に分類できない下がりは、黒系・茶色・灰色・白系のいずれかを選択。

 

2.あざやかな白は、白系(純白)と記載

 

3.ピンク系に見える色は、うす紫 と定義。

 

4.うす紫 の中でピンクではなく明らかに紫なのは、うす紫(紫)と記載

 

5.黄緑から濃い緑を、みどり と定義

 

6.水色から濃い青を、青 と定義

 

7.濃い赤を含め、赤

 

8.オレンジ

 

9.黄色は、黄色系 と記載

 

10. 白系か青か迷う水色は、あざやかなら青、そうでなければ白系(水色)と記載

 

 

 

相撲観戦する時は、相撲内容を見て、勝負結果を割りに記載(勝った力士に○)するのだが、この二日間は、下がりを見続けて、勝負結果をかけない相撲がいくつかあった。取組の前に分類ができる下がりばかりではなく、取組中、取組が終わるまで下がりの色を見つめることも。

 

 

 

初日825分から序ノ口、

 

二日目835分から序ノ口、琴鎌谷のデビュー戦を見て、14時半くらいまで下がりの色を見続ける。

 

 

 

羽黒蛇

 

平成28年1月場所、幕下以下、さがりの色(羽黒蛇)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         
力士名部屋身長 体重
白系東下1翔天狼藤島189センチ 157.5キロ
みどり西下1若乃島芝田山181センチ 140キロ
オレンジ東下2海龍出羽海178センチ 133.5キロ
黒系西下2大道阿武松187センチ 167.6キロ
東下3木瀬176センチ 159キロ
オレンジ西下3徳真鵬木瀬194センチ 214.1キロ
東下4玉飛鳥片男波185センチ 158.5キロ
西下4阿炎錣山185センチ 121キロ
黒系東下5希善龍木瀬194センチ 149.3キロ
うす紫西下5大翔鵬追手風182センチ 140キロ
黒系東下6勝誠境川167センチ 130.2キロ
西下6栃飛龍春日野178センチ 153.5キロ
東下7天空海立浪181センチ 162.6キロ
黒系西下7白鷹山高田川185センチ 145.8キロ
オレンジ東下8碧己真春日野174センチ 118.7キロ
うす紫西下8宇良木瀬172センチ 113キロ
東下9竜電高田川192センチ 145キロ
西下9安芸乃川高田川180センチ 141.3キロ
白系東下10照強伊勢ヶ濱169センチ 112キロ
西下10錣山179センチ 131.2キロ
黒系東下11豪頂山峰崎175センチ 112.2キロ
黒系西下11野上尾車176センチ 125キロ
白系純白東下12芝田山180センチ 155.3キロ
西下12琴恵光佐渡ヶ嶽175.5センチ 111.6キロ
黒系東下13栃丸春日野170センチ 155キロ
みどり西下13佐藤貴乃花173センチ 149キロ
白系東下14竜王浪立浪187センチ 128.5キロ
黒系西下14相山山響172センチ 111キロ
東下15慶天海阿武松175センチ 116キロ
黒系西下15飛翔富士東関193センチ 201キロ
黒系下15付出坂元追手風185センチ 167キロ
黒系東下16大輝八角182センチ 158キロ
西下16若龍勢芝田山184.5センチ 119.5キロ
黄色系東下17鐵雄山阿武松175.2センチ 124.4キロ
みどり西下17明生立浪180センチ 120キロ
東下18濱口木瀬178センチ 160.8キロ
西下18肥後嵐木瀬182センチ 168.4キロ
黒系東下19大翔龍追手風172センチ 143.4キロ
西下19禧勢ノ山木瀬170.2センチ 168.7キロ
東下20肥後ノ城木瀬180センチ 135.1キロ
オレンジ西下20高立木瀬180センチ 202キロ
白系純白東下21白虎東関187.5センチ 134.4キロ
黄色系西下21笹ノ山木瀬179.5センチ 150キロ
東下22諫誠境川183センチ 173.7キロ
西下22栃登春日野181.5センチ 123.7キロ
東下23大清峰芝田山181センチ 137.5キロ
西下23力真立浪188センチ 132キロ
灰色東下24岩崎追手風174センチ 110キロ
黒系西下24大波荒汐182センチ 101.2キロ
東下25大岩戸八角179センチ 143.6キロ
黒系西下25大雷童高田川176.5センチ 153.3キロ
黒系東下26舛ノ勝千賀ノ浦181.5センチ 128.5キロ
西下26鳰の湖山響174センチ 146.5キロ
黒系東下27南海力木瀬176センチ 136.4キロ
白系純白西下27出羽鳳出羽海186センチ 144.7キロ
黒系東下28琴弥山佐渡ヶ嶽182センチ 150.2キロ
黄色系西下28宝香鵬宮城野185センチ 137.3キロ
うす紫東下29水口春日山181.5センチ 130キロ
うす紫西下29大和富士阿武松188センチ 146キロ
東下30隠岐の富士八角181センチ 160.5キロ
うす紫西下30磋牙司入間川166センチ 134.4キロ
黄色系東下31西山尾上180センチ 158.5キロ
黒系西下31芳東玉ノ井198センチ 169キロ
東下32鶴林木瀬178センチ 136.3キロ
黒系西下32希帆ノ海出羽海182センチ 148.4キロ
東下33琴福寿野佐渡ヶ嶽185.5センチ 141キロ
黒系西下33栃の濱春日野186センチ 153キロ
黄色系東下34桜児竜境川180センチ 128キロ
西下34琴宏梅佐渡ヶ嶽172.5センチ 135.4キロ
東下35朱雀八角182センチ 104キロ
西下35東里玉ノ井171.5センチ 123.5キロ
黒系東下36碧天春日野180.5センチ 127.5キロ
黄色系西下36篠原阿武松180センチ 111キロ
白系東下37武玄大藤島178センチ 114.7キロ
白系西下37山口宮城野183センチ 155.6キロ
休場東下38魁盛王浅香山177センチ 120キロ
黒系西下38千代栄九重178センチ 140.7キロ
黒系東下39琴欣旺佐渡ヶ嶽187センチ 182キロ
西下39高三郷東関185センチ 142キロ
東下40武蔵海藤島182センチ 138.8キロ
西下40高春日春日山188センチ 100.3キロ
東下41大空峰崎173センチ 146.6キロ
西下41羅王立浪173センチ 125キロ
黒系東下42栃颯春日野168センチ 147キロ
うす紫西下42古場木瀬171センチ 152.5キロ
黒系東下43宝龍山玉ノ井185センチ 167キロ
黒系西下43荒篤山荒汐178センチ 133.2キロ
黒系東下44笹山木瀬177.5センチ 135キロ
白系西下44龍勢旺芝田山187センチ 146.7キロ
東下45大翔岩追手風181センチ 134.4キロ
西下45飛天龍立浪188センチ 162.5キロ
うす紫東下46水戸豊錦戸177センチ 164.4キロ
オレンジ西下46碧の正出羽海181センチ 137.2キロ
オレンジ東下47虎太郎藤島170センチ 160キロ
黒系西下47安芸乃山高田川177センチ 192.8キロ
黒系東下48福轟力荒汐181センチ 150キロ
白系西下48政風尾車183センチ 190.5キロ
黒系東下49十勝海八角190センチ 143.5キロ
西下49双大竜時津風179センチ 120キロ
オレンジ東下50玄界鵬大嶽175センチ 142キロ
白系西下50寺尾錣山191センチ 152.4キロ
東下51翔傑芝田山184センチ 159.5キロ
黒系西下51克乃富士境川182.5センチ 143キロ
黒系東下52駒木龍木瀬179センチ 149.3キロ
西下52霧の富士陸奥186センチ 119.3キロ
黒系東下53富栄伊勢ヶ濱168センチ 110キロ
灰色西下53貴公俊貴乃花183センチ 120キロ
東下54豊後錦出羽海182センチ 155.1キロ
西下54栃清龍春日野173センチ 121キロ
東下55美登桜東関179.5センチ 136キロ
みどり西下55萬華城春日山182センチ 196.6キロ
黒系東下56玉金剛片男波187センチ 136キロ
西下56大元入間川177センチ 143キロ
黒系東下57剛竜木瀬179センチ 153.3キロ
黒系西下57高麗の国芝田山177センチ 207.8キロ
オレンジ東下58佐々木山木瀬179.5センチ 137キロ
休場西下58稲葉丸木瀬187センチ 180.6キロ
白系東下59王輝錣山182センチ 153キロ
西下59霧馬山陸奥184センチ 94キロ
黒系東下60電山大嶽174センチ 158キロ
白系西下60貴源治貴乃花186センチ 126.2キロ
三段目
力士名部屋身長 体重
黒系東三1華王錦東関179センチ 162.8キロ
休場西三1若山阿武松174センチ 150.8キロ
黄色系東三2琴の秀佐渡ヶ嶽185.5センチ 167キロ
うす紫西三2琴大龍佐渡ヶ嶽175センチ 113.4キロ
黒系東三3朝興貴高砂186センチ 116キロ
オレンジ西三3魁ノ隆友綱179センチ 117.5キロ
みどり東三4水田貴乃花177センチ 135キロ
うす紫西三4蓮台山木瀬179.5センチ 144.2キロ
みどり東三5境川175センチ 119キロ
休場西三5久之虎出羽海177センチ 153.3キロ
みどり東三6伯錦春日山180センチ 124.6キロ
黒系西三6能登東玉ノ井181.5センチ 153.8キロ
オレンジ東三7錣山181センチ 141キロ
西三7荒闘司入間川180センチ 118キロ
みどり東三8大乗高田川180センチ 126.6キロ
黒系西三8春日国春日山182センチ 161キロ
東三9千代の海九重182センチ 128キロ
黒系西三9力斗時津風167センチ 108.3キロ
うす紫東三10栃乃島春日野173センチ 141.8キロ
黒系西三10大神風高田川175センチ 109.2キロ
黒系東三11深海山尾上178センチ 154キロ
うす紫西三11竜勢鏡山181センチ 120キロ
黄色系東三12神嶽大嶽170センチ 123キロ
黒系西三12唐津海玉ノ井182センチ 180.2キロ
灰色東三13須磨ノ海高田川177センチ 123.1キロ
西三13常陸號藤島183センチ 144.7キロ
黄色系東三14旭鵬山友綱180センチ 150.7キロ
西三14朝天舞高砂171センチ 118.2キロ
白系水色東三15鶴乃湖高田川176センチ 123キロ
オレンジ西三15巨東玉ノ井197センチ 151.5キロ
東三16春晃春日山168センチ 128.8キロ
黒系西三16玉大輝片男波180センチ 128.7キロ
東三17春日丸春日山175センチ 134キロ
西三17貴輝鳳貴乃花178センチ 146.7キロ
オレンジ東三18若ノ藤二所ノ関178.5センチ 136.2キロ
白系西三18駿馬伊勢ヶ濱165センチ 103.2キロ
東三19大地錣山185センチ 131.6キロ
西三19舛東欧千賀ノ浦187センチ 168.2キロ
白系東三20北勝就八角182センチ 113.6キロ
白系西三20大子富士錦戸184センチ 195.5キロ
黄色系東三21春桜春日山173センチ 125キロ
西三21前田芝田山180センチ 208.5キロ
東三22井筒178センチ 143.1キロ
黒系西三22大野城高田川182センチ 125.1キロ
灰色みどり東三23極芯道錦戸179センチ 133キロ
みどり西三23越錦立浪182センチ 139.1キロ
東三24木瀬乃若木瀬178センチ 118.5キロ
黒系西三24伊勢ノ海188センチ 113.7キロ
東三25善富士伊勢ヶ濱173センチ 123.7キロ
みどり西三25若力堂二所ノ関188センチ 160.2キロ
東三26霧乃龍陸奥181センチ 132キロ
灰色西三26剛士荒汐185センチ 127.2キロ
みどり東三27勇輝陸奥179センチ 121キロ
黒系西三27琴仁成佐渡ヶ嶽172.5センチ 122キロ
オレンジ東三28瓦海出羽海172センチ 124キロ
西三28武蔵国武蔵川187センチ 145キロ
黒系東三29香富士春日野175センチ 179.2キロ
西三29霧乃華陸奥184センチ 139.9キロ
黒系東三30大司入間川168センチ 102キロ
西三30藤の海出羽海190センチ 140.3キロ
白系東三31千代の勝九重178センチ 117キロ
黒系西三31貴麻衣貴乃花181センチ 151キロ
黒系東三32越ノ龍藤島179センチ 168.2キロ
黒系西三32福の邦春日山170センチ 138キロ
黄色系東三33宗像藤島177センチ 115.7キロ
西三33朝乃丈高砂174.5センチ 114.3キロ
オレンジ東三34碧海浜出羽海177センチ 136.6キロ
黒系西三34松葉山春日山184センチ 146.3キロ
黄色系東三35徳州山二所ノ関174センチ 164.8キロ
黒系西三35北勝川八角170センチ 115.6キロ
黒系東三36瞬迅錣山170センチ 91.5キロ
黒系西三36高盛東関193センチ 180.2キロ
東三37北勝花八角179センチ 163キロ
西三37入江玉ノ井179センチ 181.1キロ
東三38淡路海田子ノ浦176センチ 83.6キロ
西三38天一山響175.5センチ 140.6キロ
黒系東三39高見劉東関184センチ 169.8キロ
西三39魁錦友綱175センチ 117.2キロ
黒系東三40大露羅山響193センチ 271キロ
西三40土佐豊時津風178センチ 140.8キロ
黒系東三41春日龍春日山168センチ 107キロ
西三41四賀峰峰崎170センチ 112キロ
東三42北の峰八角183センチ 104.6キロ
白系水色西三42佐田ノ国境川183センチ 114.3キロ
オレンジ東三43湊将170センチ 123.4キロ
オレンジ西三43壱岐の嶋玉ノ井182.5センチ 142キロ
白系東三44太熊高田川180センチ 164.4キロ
黒系西三44佐田ノ里境川175センチ 127キロ
黒系東三45大翔鶴追手風184センチ 145キロ
オレンジ西三45浜美龍木瀬171.5センチ 108キロ
東三46朝乃土佐高砂174.5センチ 169.2キロ
西三46誉錦錦戸196センチ 153キロ
東三47琴名和佐渡ヶ嶽176センチ 138キロ
西三47飛燕力尾車179センチ 121キロ
東三48中園二所ノ関174センチ 132.7キロ
みどり西三48矢ケ部千賀ノ浦173センチ 158.8キロ
オレンジ東三49琴力泉佐渡ヶ嶽178センチ 105.5キロ
黒系西三49栃春日春日野177センチ 132.3キロ
東三50濱豊時津風181.5センチ 126.5キロ
みどり西三50海士錦八角178センチ 81キロ
灰色東三51剛力山高田川180.5センチ 128.5キロ
西三51千代雷山九重189センチ 153.1キロ
東三52貴天秀貴乃花186センチ 214.5キロ
西三52隠岐の岩八角174センチ 115.4キロ
オレンジ東三53海士の島八角180センチ 121.2キロ
白系西三53琴隆成佐渡ヶ嶽168センチ 88.3キロ
東三54朱鷺ノ若190センチ 130.6キロ
黒系西三54勝武士高田川166センチ 111.2キロ
黄色系東三55北勝旺八角196センチ 135キロ
黒系西三55魁鵬友綱169センチ 154キロ
東三56北勝鶴八角177センチ 137キロ
西三56謙豊時津風180センチ 231.5キロ
黄色系東三57爆羅騎式秀164センチ 109.7キロ
西三57藤の花出羽海189センチ 146キロ
東三58石井千賀ノ浦177センチ 161キロ
黒系西三58琴陸山佐渡ヶ嶽174.5センチ 174.5キロ
黒系東三59若荒輝錣山174センチ 119.5キロ
西三59阿光阿武松180センチ 119.3キロ
東三60高田川178.5センチ 144.6キロ
白系純白西三60鶴大輝井筒174センチ 141.8キロ
黒系東三61濱栄光尾上170センチ 104キロ
黒系西三61大畑時津風186センチ 138キロ
東三62藤嵐伊勢ノ海183.5センチ 139キロ
オレンジ西三62本多錦戸178センチ 97.7キロ
黒系東三63築本伊勢ノ海180センチ 125キロ
黒系西三63栃港春日野191センチ 146.3キロ
東三64竹井玉ノ井180センチ 128.5キロ
西三64駒司入間川193センチ 183.5キロ
黒系東三65朝山端高砂182センチ 129キロ
黒系西三65栃岐岳春日野174.5センチ 112キロ
黒系東三66佐田輝境川187センチ 105キロ
黒系西三66琴翼佐渡ヶ嶽174センチ 105キロ
黒系東三67霧嵐陸奥175センチ 135.8キロ
黒系西三67井上木瀬177センチ 125キロ
黒系東三68大鷹浪立浪179センチ 120.8キロ
黒系西三68響龍境川178センチ 138.7キロ
東三69恵比寿丸高田川177センチ 121.5キロ
西三69貴神龍貴乃花179センチ 127.3キロ
灰色東三70鰤の里千賀ノ浦183.5センチ 152.5キロ
黄色系西三70拓錦千賀ノ浦186センチ 176キロ
休場東三71彩翁錦戸173.5センチ 98.4キロ
西三71東翔玉ノ井174センチ 152キロ
東三72喜ノ国境川175.5センチ 94.3キロ
白系西三72藤乃若藤島173センチ 130キロ
休場東三73水戸司入間川176センチ 170.3キロ
黒系西三73竜風尾車183センチ 103キロ
うす紫東三74宮内尾上171センチ 157キロ
西三74北勝剛八角180センチ 151キロ
うす紫東三75光内阿武松180センチ 140キロ
うす紫西三75湘南乃海高田川192センチ 143キロ
東三76神の山錦戸193.5センチ 174.4キロ
黒系西三76大翔若追手風190センチ 146キロ
黒系東三77西大司入間川180センチ 182キロ
みどり西三77出羽ノ城出羽海190センチ 192.3キロ
白系東三78満津田峰崎179センチ 91.4キロ
西三78前乃富士高田川177.8センチ 130.7キロ
黒系東三79琴鳳佐渡ヶ嶽177センチ 127.6キロ
休場西三79樹龍宮城野177.5センチ 159.9キロ
黒系東三80謙信境川173センチ 124キロ
みどり西三80将豊竜時津風170センチ 112キロ
うす紫東三81大翔宗追手風177センチ 110キロ
西三81富士ノ風尾車180.4センチ 183.2キロ
黒系東三82八菅山芝田山183センチ 130キロ
灰色西三82銀星山大嶽175センチ 90.7キロ
みどり東三83椿富士伊勢ヶ濱174センチ 129.5キロ
休場西三83琴太豪佐渡ヶ嶽189センチ 117キロ
黒系東三84出羽泉出羽海193センチ 160キロ
黒系西三84有明伊勢ノ海173.5センチ 116.5キロ
黒系東三85大海原錣山182センチ 191.5キロ
西三85太田山響168センチ 135キロ
黒系東三86羽黒豊立浪171.5センチ 128.2キロ
白系西三86土佐光伊勢ヶ濱181センチ 97.6キロ
黄色系東三87琴虎佐渡ヶ嶽168センチ 107.5キロ
白系純白西三87富士寿東関176センチ 117.7キロ
東三88西園寺式秀170センチ 119キロ
黒系西三88鳴海阿武松175センチ 132キロ
黒系東三89春日波春日山172センチ 153.6キロ
灰色西三89大翔樹追手風180センチ 124.2キロ
灰色東三90大翔前追手風170センチ 114キロ
みどり西三90坪見千賀ノ浦180センチ 127.6キロ
東三91北勝照八角174.5センチ 95キロ
西三91大和嵐錣山191センチ 132.2キロ
うす紫東三92濱湊175センチ 103.5キロ
休場西三92福倭春日山169センチ 93.3キロ
白系東三93佐田ノ華境川181センチ 111.7キロ
黄色系西三93木曽満時津風178センチ 124.2キロ
東三94春日嶺春日山184.6センチ 175.4キロ
黒系西三94栃伊万里春日野170センチ 114キロ
東三95隠岐の浜八角180センチ 143.4キロ
茶色西三95栄富士境川182.5センチ 196.4キロ
休場東三96若圭翔追手風173.5センチ 138キロ
みどり西三96飯田玉ノ井173センチ 116キロ
灰色東三97山崎浅香山175センチ 86キロ
西三97出羽大海出羽海181センチ 100キロ
白系水色東三98田子ノ藤田子ノ浦183センチ 103キロ
白系水色西三98大翔城追手風176センチ 134.2キロ
黒系東三99睦風尾車174.6センチ 140.5キロ
休場西三99濱春日春日山177センチ 119.2キロ
オレンジ東三100大由志高田川174.5センチ 127キロ
休場西三100舛ノ山千賀ノ浦180センチ 174キロ
序二段
力士名部屋身長 体重
茶色東二1熊王春日山176センチ 130キロ
西二1闘鵬大嶽182センチ 121キロ
白系東二2千代青梅九重174センチ 98キロ
西二2寺尾海錣山186センチ 123.6キロ
東二3勇磨阿武松174センチ 86キロ
黒系西二3三重乃里春日野187センチ 119.6キロ
黒系東二4寿ノ富士伊勢ヶ濱182センチ 118キロ
休場西二4津軽海玉ノ井174センチ 84.2キロ
黒系東二5聡ノ富士伊勢ヶ濱171センチ 111.4キロ
西二5朝金井高砂178センチ 110キロ
灰色東二6信州錦錦戸175センチ 92.5キロ
休場西二6北勝若八角186センチ 126キロ
東二7登竜錣山178センチ 115.4キロ
白系西二7力優士峰崎179.5センチ 94.3キロ
東二8中尾尾上172センチ 110キロ
オレンジ西二8琴小島佐渡ヶ嶽177センチ 122キロ
黒系東二9浜田山芝田山171センチ 104.2キロ
黄色系西二9琴大和佐渡ヶ嶽180.5センチ 124キロ
白系東二10湊竜188センチ 129.6キロ
灰色西二10若佐藤二所ノ関177センチ 133.7キロ
東二11吉本東関176センチ 90キロ
西二11栃乃国春日野178センチ 130.2キロ
黄色系東二12剣風尾車181センチ 95.4キロ
みどり西二12松栄春日山175センチ 133.8キロ
東二13廣瀬荒汐178センチ 164キロ
黒系西二13二十城山響183センチ 146.3キロ
東二14闘林山錣山172.5センチ 126.3キロ
西二14因幡城境川178センチ 156キロ
黒系東二15魁ノ若友綱178センチ 173.5キロ
西二15若山中二所ノ関175センチ 128.1キロ
みどり東二16藤大成藤島186センチ 122.2キロ
白系西二16北大地立浪170センチ 107キロ
黒系東二17山本玉ノ井180センチ 171キロ
みどり西二17大天白伊勢ヶ濱179.5センチ 137.2キロ
東二18若肥前峰崎171センチ 121.3キロ
黒系西二18渡邊宮城野178センチ 107キロ
東二19寺尾翔錣山181センチ 163.7キロ
黒系西二19栃佐藤春日野172センチ 158キロ
黒系東二20龍司入間川168センチ 134キロ
白系純白西二20霧桜陸奥176センチ 82.6キロ
東二21伊勢ノ花伊勢ヶ濱180センチ 131.8キロ
黒系西二21華吹立浪182センチ 109.2キロ
黒系東二22大和湖山響176センチ 105キロ
黒系西二22磯東玉ノ井175センチ 138.7キロ
うす紫東二23大ノ蔵宮城野170センチ 111キロ
白系西二23朝ノ島高砂168センチ 130キロ
黒系東二24渡邊桜式秀175センチ 94キロ
黒系西二24白海竜宮城野172センチ 123キロ
黄色系東二25北勝芯八角178センチ 151.5キロ
黒系西二25宮崎時津風169センチ 154キロ
みどり東二26突光力荒汐174.5センチ 107.5キロ
みどり西二26常川荒汐180センチ 135キロ
黒系東二27本木山玉ノ井172センチ 108.2キロ
みどり西二27榛湊176センチ 104.6キロ
みどり東二28宙風尾車172センチ 84キロ
みどり西二28北勝佑八角181センチ 124キロ
黒系東二29貴西龍貴乃花168センチ 112.6キロ
黄色系西二29前大将高田川174センチ 130.4キロ
白系東二30今福二所ノ関175センチ 111.5キロ
黄色系西二30小原浅香山187センチ 155キロ
黒系東二31黒澤入間川185センチ 142キロ
黄色系西二31大勇人峰崎174センチ 134キロ
黄色系東二32琴隼佐渡ヶ嶽174センチ 125.3キロ
西二32千代嵐九重171センチ 145キロ
黒系東二33武誠山藤島185センチ 142キロ
西二33琴明山佐渡ヶ嶽176センチ 163.5キロ
黒系東二34東政馬玉ノ井173センチ 117キロ
西二34刃力錣山181センチ 134.6キロ
東二35滝口阿武松170センチ 134キロ
黒系西二35谷口春日野170センチ 115キロ
みどり東二36大翔虎追手風175.5センチ 131.6キロ
西二36北洋山立浪177センチ 119.5キロ
東二37一心龍山響189センチ 113キロ
休場西二37北斗伊勢ヶ濱171センチ 106.8キロ
黒系東二38寛龍荒汐177.5センチ 99.5キロ
みどり西二38大国岳春日山184センチ 119キロ
うす紫東二39有川二所ノ関170センチ 124.2キロ
西二39琴全翔佐渡ヶ嶽179センチ 82.5キロ
みどり東二40大天佑山響181センチ 96キロ
黒系西二40幸山春日山179センチ 85.5キロ
うす紫東二41齋藤陸奥176センチ 85キロ
西二41大子錦高砂176センチ 188.1キロ
うす紫東二42徳太宝境川187センチ 114キロ
休場西二42原田宮城野167センチ 105キロ
黒系東二43札野東関179センチ 143キロ
西二43大瀧東関171センチ 99キロ
東二44高田川173センチ 127.4キロ
みどり西二44玉信力片男波188センチ 142キロ
東二45隼桜式秀168センチ 80.6キロ
黒系西二45元受伊勢ヶ濱175センチ 79キロ
黒系東二46磐石伊勢ヶ濱179センチ 148.5キロ
黒系西二46石原二所ノ関178.5センチ 141.6キロ
東二47拓ノ海峰崎182センチ 117キロ
白系西二47大国山春日山188センチ 147.2キロ
東二48輝の里田子ノ浦177センチ 172キロ
休場西二48北勝岩見八角178センチ 137.7キロ
みどり東二49霧丸陸奥173センチ 146キロ
黒系西二49古関貴乃花174センチ 161キロ
うす紫東二50翼雄星芝田山176センチ 105キロ
西二50琴大村佐渡ヶ嶽178センチ 99キロ
黒系東二51谷川山宮城野181センチ 135.6キロ
みどり西二51照樹伊勢ヶ濱170センチ 102キロ
白系東二52壬生入間川185センチ 150キロ
うす紫西二52鬨龍伊勢ノ海171センチ 111キロ
白系東二53鈴木玉ノ井166センチ 102キロ
黒系西二53貴大将貴乃花174センチ 118.5キロ
東二54北勝波八角172センチ 118.2キロ
西二54美浜海玉ノ井170センチ 101.3キロ
うす紫東二55大翔浜追手風167センチ 106.5キロ
黄色系西二55神山高砂186センチ 140キロ
白系純白東二56旭光友綱179センチ 198キロ
黒系西二56肥後ノ龍木瀬175センチ 204.8キロ
黒系東二57潮来桜式秀178センチ 139キロ
黒系西二57栃天翔春日野178センチ 107.5キロ
黄色系東二58隆貴陸奥177センチ 67キロ
西二58飛騨野荒汐177センチ 125.3キロ
黒系東二59嶋田山響168センチ 102キロ
休場西二59吉ノ富士春日山175センチ 97.8キロ
みどり東二60刻竜浪立浪179センチ 100キロ
黒系西二60朝大門高砂180センチ 115キロ
黒系東二61白虎丸立浪170センチ 71キロ
黄色系西二61北勝誉八角168センチ 105.5キロ
白系東二62舛天竜千賀ノ浦174センチ 129.5キロ
休場西二62久司入間川176センチ 118キロ
うす紫東二63大勢竜大嶽175センチ 104キロ
うす紫西二63佐田の勇境川187センチ 110.8キロ
東二64魁渡浅香山178センチ 133.1キロ
みどり西二64浜東玉ノ井172センチ 133キロ
東二65北青海山響173センチ 90キロ
西二65大志龍木瀬185センチ 104.7キロ
黄色系東二66佐田の豪境川178センチ 102キロ
黒系西二66大翔海追手風178センチ 121.8キロ
東二67琴眞鍋佐渡ヶ嶽174センチ 92.5キロ
黒系西二67光源治峰崎180センチ 75.5キロ
黒系東二68濱天聖錣山179センチ 102.9キロ
休場西二68木瀬乃翔木瀬183センチ 114キロ
みどり東二69清武蔵武蔵川175センチ 126.5キロ
黒系西二69琴大樹佐渡ヶ嶽174.5センチ 125.3キロ
東二70大幸山出羽海176センチ 111.3キロ
白系西二70白ノ富士伊勢ヶ濱183センチ 155.7キロ
茶色東二71琴宮倉佐渡ヶ嶽175センチ 111キロ
西二71琴乃島佐渡ヶ嶽183センチ 129キロ
黒系東二72稲垣春日山180センチ 85キロ
黄色系西二72東山玉ノ井182センチ 108.6キロ
オレンジ東二73吉村出羽海168センチ 85.5キロ
オレンジ西二73朝森本高砂172センチ 137キロ
みどり東二74正龍道式秀174センチ 112キロ
西二74関塚田子ノ浦178センチ 93.7キロ
東二75奄美岳山響178センチ 155.5キロ
西二75大和浪立浪182センチ 105キロ
休場東二76琴誠剛佐渡ヶ嶽183センチ 131キロ
黒系西二76新屋敷大嶽169センチ 72キロ
白系水色東二77最上錦木瀬180.5センチ 145.4キロ
黒系西二77中辻浅香山169センチ 107キロ
黒系東二78足立田子ノ浦183センチ 183キロ
黒系西二78智ノ富士伊勢ヶ濱178センチ 131.1キロ
うす紫東二79琴大興佐渡ヶ嶽176センチ 133キロ
みどり西二79流武武蔵川181センチ 135キロ
みどり東二80琴宇留賀佐渡ヶ嶽184センチ 88キロ
西二80東浪玉ノ井174センチ 150.3キロ
黒系東二81171センチ 99キロ
西二81安井陸奥173センチ 67キロ
黒系東二82仲井尾上174センチ 129キロ
黒系西二82岩上峰崎179センチ 86キロ
みどり東二83北勝里八角179センチ 125キロ
オレンジ西二83武蔵平武蔵川177センチ 105.8キロ
うす紫東二84門倉九重171センチ 100キロ
西二84須賀玉ノ井175センチ 104キロ
うす紫東二85小櫻立浪171センチ 149.4キロ
オレンジ西二85越前山千賀ノ浦190センチ 129.5キロ
白系水色東二86服部出羽海176センチ 125キロ
黒系西二86翔希宮城野175センチ 74キロ
オレンジ東二87辛川春日野180センチ 93キロ
黒系西二87亀岡千賀ノ浦182センチ 145キロ
黒系東二88白瀬山木瀬173センチ 128.3キロ
白系水色西二88高倉山尾上179センチ 112キロ
黒系東二89川本宮城野178センチ 79キロ
白系西二89力山荒汐178センチ 95キロ
黒系東二90大一心伊勢ヶ濱178センチ 116.3キロ
西二90春日里春日山175センチ 138.3キロ
黒系東二91綿谷荒汐171センチ 90キロ
みどり西二91北斗龍山響181センチ 117.8キロ
黒系東二92武拳武蔵川180センチ 108.5キロ
西二92若戸桜式秀182センチ 140.4キロ
黒系東二93中石二所ノ関180センチ 125キロ
白系純白西二93佐々木伊勢ノ海177センチ 93キロ
東二94北陽桜式秀175センチ 118.6キロ
休場西二94加美豊時津風182センチ 138キロ
東二95高田藤島174センチ 109キロ
黒系西二95魁光稀友綱171センチ 98.5キロ
黄色系東二96一の竜井筒165センチ 68キロ
白系水色西二96武士武蔵川174センチ 79キロ
うす紫東二97宇美錦峰崎172センチ 79キロ
西二97颯天藤島168センチ 92.3キロ
白系東二98都島峰崎187センチ 82.5キロ
西二98照道伊勢ヶ濱183センチ 89キロ